2010.02.15 文春写真館

ゴルフのハンデは六だった五島 昇

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

ゴルフのハンデは六だった五島 昇

 五島 昇は大正五年(一九一六年)生まれ。昭和三十四年(一九五九年)、東京商工会議所副会頭をつとめた父五島慶太が亡くなった時、東急傘下の会社は七十数社であった。それから二十六年、二代目は日本商工会議所会頭に就任し東急グループは約三百十社、上場企業十二社を数えるまでになった。

〈「前会頭永野さん(重雄・故人)は長くしゃべるので有名だったが、私はしゃべらんので有名」「大企業ばかりの経団連とちがい、日商百二十万人は永田町を埋めつくすデモをかけるパワーをもっている」「企業は愛されるだけでは駄目だ、尊敬される怖さを持て」

 会頭就任後一年。攻撃的な発言は財界の若手、長老双方の絶大な支持を得ている〉 (「文藝春秋」昭和六十年=一九八五年八月号より)

 ゴルフは当時でもハンデ六という腕前。東京大学一年生で野球部のレギュラーになりながら、ゴルフ部に転部したという逸話が残っている。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004