2016.02.01 文春写真館

共同研究で人材を育てた桑原武夫

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

共同研究で人材を育てた桑原武夫

 フランス文学者の桑原武夫は、明治三十七年(一九〇四年)生まれ。父は東洋史が専門の京都帝国大学教授だった。京都一中から三高を経て、京都帝国大学文学部を卒業。

 スタンダールの『赤と黒』やアランの『芸術論集』など、当時まだ日本人にはなじみが薄かった作品を翻訳するなど、フランスの文学や評論を幅広く日本に紹介した。吉川幸次郎、貝塚茂樹らとともに、京都学派の中心として、文化的な活動を精力的に行った。

 戦後まもない昭和二十一年(一九四六年)、「世界」に発表した「第二芸術――現代俳句について」は、俳句表現の限界を説き、一流ではないという意味で第二芸術と表現した。俳人からの激しい反論を呼ぶなど、大きな議論が巻き起こった。

「ある左翼の評論家にいわせれば、桑原の第二芸術論はまことにつまらん、その証拠に俳句は消えてなくならんじゃないか。こっちがそれに答えて、マルクス主義というのもつまらんものだ、その証拠に、いくら運動をしても、日本でいっこうに革命が起っていないじゃないかといってしまう。

 ユーモアのつもりなんだけど、いわれたほうで本気になって怒り出す人があるから、困るんです(笑)」(「文藝春秋」昭和四十三年十一月号「松本清張対談」より)

 写真はこのとき撮影。

 昭和二十三年、京都大学人文科学研究所教授となり、三部作『ルソー研究』『フランス百科全書の研究』『フランス革命の研究』を、共同研究という画期的な方法で完成させた。この共同研究を通じて、梅棹忠夫、梅原猛、上山春平、鶴見俊輔らを育てた。また、岩波新書『文学入門』や編者となった中公新書『日本の名著』は新書のベストセラーになった。

 三高以来、同期である今西錦司とともに登山家としても知られ、昭和三十三年、京都大学学士山岳会の隊長として、パキスタンのチョゴリザへの登頂を果たし、黎明期の日本登山史に大きな足跡を残した。昭和六十二年、文化勲章受章。昭和六十三年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004