2009.07.13 文春写真館

司馬遼太郎と江藤 淳が訪れたドイツの古城

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

司馬遼太郎と江藤 淳が訪れたドイツの古城

 昭和四十七年(一九七二年)、「文藝春秋」創刊五十周年を記念して、創業以来初めてヨーロッパで「文化講演会」がひらかれた。講師は司馬遼太郎、江藤 淳と池島信平社長。一行はイギリス、オランダ、イタリアなど5ヵ国をまわり、海外の愛読者の熱狂的な歓迎を受けた。

 「昭和六年にはじめた文芸講演会は、とうとうロンドンで行うまでになった。初代菊池社長、佐佐木社長も考えなかったことを、行うことができ、私はうれしくて満足である」(塩澤実信『雑誌記者池島信平』)

 このとき、司馬氏はヨーロッパ旅行がはじめてだった。講演の合間をぬって、各地の歴史的な遺跡を江藤氏とともに精力的に見て歩いた。写真はドイツのモーゼル河畔にあるエルツ城をたずねたときのもの。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004