2010.04.26 文春写真館

暗い世相を明るくした古橋廣之進の力泳

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

暗い世相を明るくした古橋廣之進の力泳

 昭和二十三年(一九四八年)、敗戦に打ちひしがれていた日本は、暗いニュースばかりに覆われていた。一月には帝銀事件で十二名が毒殺される。また、関西汽船・女王丸が瀬戸内海で触雷沈没、百八十三名が行方不明となる。六月には、福井県で大地震、死者三千七百六十九名の被害を出した。九月には昭和電工事件で大蔵官僚福田赳夫らが逮捕された。そのような暗い世相にあって、一人の水泳選手が驚異的な泳ぎで人々に希望をもたらした。

「フジヤマのトビウオ」古橋廣之進である。

〈なにしろ泳げば世界新記録だった。特に二十四年、戦後初の海外遠征の全米選手権で古橋、橋爪ら六名が一挙にして九つの世界新を出し、見事にアメリカを破ったとき、国民は文字通り雀躍りしたものだった。その喜びは、この太平ムードの現在となっては想像のつかない種類のものかも知れない〉(「文藝春秋」昭和四十一年=一九六六年九月号)

 古橋廣之進は昭和三年(一九二八年)生まれ。JOC(日本オリンピック委員会)会長などの要職を歴任した。平成二十一年(二〇〇九年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004