2011.06.13 文春写真館

上を向いて歩こうを作曲した中村八大

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

上を向いて歩こうを作曲した中村八大

 東日本大震災のあと、「上を向いて歩こう」のメロディーを耳にする機会が増えた。坂本九が歌い、昭和三十八年(一九六三年)、全米ビルボードのヒットチャートで三週連続一位(英語の題名はSukiyaki)、年間総合シングル十三位を獲得したこの曲を作曲したのが、中村八大だった。

 昭和六年、中国の青島で生まれた。ジャズピアノに目覚め、高校三年生で上京して早稲田大学高等学院に入る。「その年の夏休みには、早速ジャズピアノのアルバイトを始め、夏休みの一カ月間を大阪のキャバレー“赤玉”で、ピアノを弾いていた」(「週刊文春」昭和五十五年=一九八〇年十一月十三日号)

 早稲田大学在学中から、ジョージ川口、松本英彦、小野満とジャズバンド〈ビッグ・フォア〉を組んで活躍。戦後のジャズブームの一翼を担った。

 その後、作曲家としての仕事に重心を移した。作詞・永六輔とのコンビで「上を向いて歩こう」のほか、「こんにちは赤ちゃん」「遠くへ行きたい」「黒い花びら」など数多くの国民的ヒット曲をてがけた。

 写真は昭和三十七年、赤坂プリンスホテルにて撮影。

 平成四年、没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004