2010.07.12 文春写真館

『言葉の錬金術師』と呼ばれた寺山修司

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

『言葉の錬金術師』と呼ばれた寺山修司

 寺山修司(昭和十年=一九三五年生まれ)は「言葉の錬金術師」と呼ばれ、劇作家、演出家、詩人、歌人、小説家、評論家などとして多方面に才能を発揮した。

〈歩きながら書く。走りながら書く。戦いながら書く。愛しながら書く。そんな書きかたをしてみたいと思う。

 少年時代、私は「地の糧」の中の一節がとても好きだったのである。

 ――書を捨てよ、町へ出よう〉(「週刊文春」昭和四十一年十二月二十六日号)

 昭和四十二年、劇団〈天井桟敷〉を結成。三月には評論集「書を捨てよ、町へ出よう」を刊行して若者を中心に絶大な人気を誇った。競馬に対する造詣の深さも有名だったが、カードゲームも得意だった。

〈十歳のときにポーカーをおぼえた。いまでは五、六十種類のポーカーができる……〉(同)

 四谷のバー「マロウド」にて撮影。昭和五十八年、四十代の若さでこの世を去った。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004