2009.03.02 文春写真館

手塚治虫の全集三百冊

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

手塚治虫の全集三百冊

 手塚治虫。昭和三年(一九二八年)生まれ。本名「手塚治」。ペンネームの「治虫」は、小学校五年生のときに昆虫マニアだったときにつけたという。

 落語や漫画映画にも熱中したが、一番心魅かれたのが漫画だった。なにしろ少年時代に描いた“長編”はじつに三千枚に及ぶ。手塚作品に登場するキャラクターにはこの時期に作られたものが多い。

 写真は昭和五十九年(一九八四年)、漫画生活四十年、全集が三百巻に到達したのを期に撮影された。

 レオ、鉄腕アトム、ヒゲオヤジ、ブラック・ジャック、写楽……といったおなじみのキャラクターが、所狭しと並んでいる。驚異というほかない偉業だが、

 〈スタミナの秘訣は、一日四、五回の食事と一時間程度の小刻みな睡眠だそうだ。昔は人が寝ているのを見て、「どうして眠るのですか」と質問を発したほどのタフネスの持ち主である。三百という数字の感想を尋ねると、ただ一言、「茫然としています……」〉(「文藝春秋」昭和五十九年十二月号)

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004