2012.06.11 文春写真館

サブカルチャーの元祖、植草甚一

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

サブカルチャーの元祖、植草甚一

 映画評論、ジャズ評論、さらにはミステリーをはじめ欧米文学の紹介と、幅広い分野で活躍した植草甚一は、東京市日本橋の木綿問屋の一人息子として、明治四十一年(一九〇八年)に生まれた。関東大震災で実家が被災し、家業は没落する。早大理工学部に進学するが、在学中に劇団のポスターやイラスト制作に熱中する。学費未納で早大を除籍され、昭和十年(一九三五年)東宝に入社。映画評論を「キネマ旬報」に発表するようになり、また、洋画の字幕スーパーの翻訳もてがけた。宣伝部や調査部に勤務するが、戦後、労働争議で退職する。昭和二十年代半ばから、映画評論を本格的に書き始めて、ニックネームのJ・Jを使うようになる。

 また東京創元社の「世界推理小説全集」の監修や「クライム・クラブ」の解説を担当し、ミステリ愛好家に大きな反響を呼んだ。さらにジャズ評論をてがけ、とくにモダンジャズを好んだ。

 昭和四十年代から、「平凡パンチ」など若者向け雑誌に登場し、植草ブームが巻き起こる。昭和四十六年ころには、原稿用紙で月産三百枚を執筆する多忙ぶりだった。昭和四十八年、「ワンダーランド」の責任編集となり、これが後の「宝島」となる。サブカルチャーの元祖として、若い世代に支持された。

 写真は昭和五十二年撮影。昭和五十四年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004