文春写真館

サラリーマン小説で一世を風靡した源氏鶏太

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部
サラリーマン小説で一世を風靡した源氏鶏太

 源氏鶏太は、檀一雄と同じく明治四十五年(一九一二年)生まれ。昭和二十六年(一九五一年)「英語屋さん」等で第二十五回直木賞受賞。ユーモアあふれる文章でサラリーマン小説の第一人者となった。

 昭和三十五年(一九六〇年)の文壇長者番付は、トップが松本清張、二位が源氏鶏太。以下、川口松太郎、吉川英治、舟橋聖一と続く。

〈氏がサラリーマンをやめた時の地位は総務部次長。だが今は東宝の重役と文芸家協会の経理担当理事を兼ね、どこからみても堂々たる“一等重役”の貫禄充分というところだ〉

〈「わたしは名所旧跡には全く興味がない。わたしの興味は動くもの、人間だけだ」と氏は述懐したことがある。にぎやかなことが好きで、会合などには仕事をやりくりしてなるべく出席するという〉(〈別册文藝春秋〉昭和三十六年=一九六一年六月号)

 ベストセラー『三等重役』は東宝によって映画化され、流行語となる。人事課長役だった森繁久彌は後に社長役となって「社長シリーズ」が誕生する。写真は昭和三十六年撮影。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004