2016.05.23 書評

ダウンタウンと昭和芸人と。昭和と2016年をめぐる芸人論序説

文: 笹山 敬輔

『昭和芸人 七人の最期』 (笹山敬輔 著)

『昭和芸人 七人の最期』 (笹山敬輔 著)

 二〇一四年のダウンタウン――。

 五十歳を過ぎて仕事を失っていた松本人志(まつもとひとし)と浜田雅功(はまだまさとし)は、かつてのマネージャーに会いに吉本興業の事務所を訪れた。彼らは外見も実力もすっかり落ちぶれていたが、そのことを理解しようとせず、仕事の売り込みを始めた。だが、そんな二人にまともな仕事などあるはずがない。終(しま)いには金までせびり出すに至って、元マネージャーがキレ、「お前らはもう終わった芸人や」と叫んで去っていった。

 ファンには周知のことだろうが、これは、九〇年代を代表するテレビ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』の中の「2014」というコントである。一九九四年に放送されたこのコントは、当時三十歳のダウンタウンが、二十年後の姿に扮したものだ。最後は、周囲が暗転する中、松本と浜田が誰もいない事務所で漫才をしている場面で終わる。

 このコントは、当時の松本の思考が色濃く反映されたものである。同年、彼は次のような文章を書いていた。

 コメディアンは、スポーツ選手とかと一緒やと思うから、絶対どっかで引退せんと。ほんまは動けてないねんけど、動けてるふりしている人いっぱいいるじゃないですか。動けてるというのは、発想という意味ですけど。

 ぼくがどんどん年とって、どんどんおっさんになっていくと、ぼくの名前ももっと上がっていくと思うんです。でもそのころには、ぼくのレベルは絶対に下がっていますよね。(『「松本」の「遺書」』)

 松本は、全盛期の只中にいながら、芸人の「引退」を強く意識していた。私は、今なお活躍している松本の過去の発言を取り上げ、揚げ足を取りたいわけではない。注目したいのは、三十歳の松本が持っていた、芸人の晩年に対する感覚である。彼は、自著に『遺書』というタイトルを付けているが、それも芸人としての寿命が短いという自覚からである。それは、笑いの世界の最先端を歩んでいるからこそ、向き合わなければならないテーマだった。

【次ページ】

昭和芸人 七人の最期
笹山敬輔・著

定価:本体620円+税 発売日:2016年05月10日

詳しい内容はこちら


こちらもおすすめ
インタビュー・対談【動画つき】著者インタビュー 主人公の徳永は、僕とは違う目線を持っている(2015.03.09)
インタビュー・対談芸能界のアテンド王・アンジャッシュ渡部建が語る、おいしい店との付き合い方(2014.09.24)
書評芸人という星たちが 織りなす星座を描きました(2012.12.13)