2013.02.25 文春写真館

常識に挑み続けた落語の天才 立川談志

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

常識に挑み続けた落語の天才 立川談志<br />

「己に自信の無い奴が常識に従う」が談志の名言として知られる。

 昭和十一年(一九三六年)、東京生まれ。高校を中退し、十六歳で柳家小さんに入門。写真は昭和四十一年、三十歳のとき。

 その破天荒な人物像はよく知られる。落語では差別語を遠慮なく連発し一部の顰蹙を買った。落語家仲間の芸を遠慮なく批判し、ために喧嘩が絶えなかった。居眠りしていた客を高座から叱り飛ばして退場させ、裁判沙汰になった。昭和四十六年参議院に当選、五十年に沖縄開発政務次官に抜擢されるも、二日酔いで記者会見に出て暴言を吐き、三十六日で辞任した。

 昭和五十八年、「落語立川流」を設立。年功序列で真打昇進させる協会の方針に反発したものだったが、落語協会会長であった師匠の小さんに背く形で脱退し、自ら「家元」を名乗ったのは、常識破りの真骨頂とも見えた。

 落語に対する談志の厳しさは誰しも認めるところであり、立川流は昇進基準の厳しいことで知られた。そのため、門下からは実力者が数多く輩出し、立川流は現在ますます人気を誇っている。

 談志が、実は誰よりも真剣に落語に向き合っていた。

 食道がんの手術を受け、退院直後の記者会見で煙草を吸ってみせた。以後、がんと闘いながら、声が出なくなるまで落語を続けた。

 平成二十三年(二〇一一年) 十一月二十一日、七十五歳で死去。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004