2012.05.28 文春写真館

梅原龍三郎は「やっぱり我家が一番いい」

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

梅原龍三郎は「やっぱり我家が一番いい」

 「一匹狼」を自認した左利きの洋画家、梅原龍三郎は明治二十一年(一八八八年)、京都の染物問屋に生まれる。中学を中退した後、浅井忠が主宰する聖護院洋画研究所に入る。ここにはのちに「梅原芸術は絹の友禅、安井曽太郎は木綿の肌ざわり」とうたわれることになる、日本洋画壇の双璧と称された安井曽太郎も学んでいた。明治四十一年、パリ留学。オーギュスト・ルノワールの指導を受ける機会を得た。大正二年(一九一三年)帰国、東京神田にて白樺社主催で個展を開催。これをきっかけに、白樺社同人の武者小路実篤、志賀直哉、柳宗悦と親しくなる。春陽会、国画創作協会洋画部を経て、国画会に参加。昭和十年(一九三五年)、帝国美術院会員となる。昭和十九年、東京美術学校(現東京芸術大学)教授となる。文藝春秋の表紙画を昭和十年一月号から六月号、昭和十五年一月号から六月号、昭和二十一年六月号から十二月号の三度にわたって描いた。

 戦後、昭和二十七年、東京芸術大学教授を辞任し、渡欧。ヴェネチア・ビエンナーレの国際審査員を務めた。同年、文化勲章を受章。ヨーロッパで学んだ油彩画に、桃山美術や琳派、南画などの日本の伝統的手法を取り入れ、装飾的な世界を描いて見せた。

 写真は昭和三十六年六月、新宿区市ヶ谷の自宅庭にて撮影された。ちなみにこの自宅は、吉田五十八が設計した。

<私はね、ヨーロッパのホテル生活をだいぶやりましたけど、やっぱり我家が一番いいですよ>(「週刊文春」昭和三十六年六月十二日号より)

 昭和六十一年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004