レビュー

麻雀とハニャコさん

『後妻業』 (黒川博行 著)

文: 白幡 光明 (元編集者)
『後妻業』 (黒川博行 著)

 実家の玄関を開けると、エキゾチックな風貌の美女を描いた大きな絵が出迎えてくれる。日本画家・黒川雅子さんの若き日の自画像である。その美女が、京都の麻雀荘で爪にレモンイエローのマニキュアを施した指でしなやかな牌捌きを見せていたのだから、当時は狂のつく麻雀好きの黒川博行さんが一目惚れしたのも無理はない。

 そのとき二人はともに京都芸大の学生で、雅子さんは日本画、黒川さんは彫刻を専攻していた。二人はすぐに意気投合、というより、黒川さんが猛烈な攻勢に出、ほどなく二十三歳で学生結婚する。

 もう二十年以上前のことになる。当時小説誌編集部に在籍していた私は、大阪に出張した折、黒川さんに電話をかけお会いしたい旨を伝えた。それまでは文壇のパーティーで立ち話をした程度で、きちんと話をしたことはなかった。黒川さんは快諾され、羽曳野市にある自宅へ招いてくださった。そこで雅子さんと初めて出会ったのである。

 そのとき、黒川さんは雅子さんのことを「ハニャコちゃん」と呼ぶので、私はそれからしばらく「はな子」さんだと思い込んでいた。後で聞けば、戦後すぐ、タイ国から日本へ贈られ、上野動物園で子供たちの人気者になったアジア象の「はな子」のゆったりした動きに似ていると、黒川さんが付けたあだ名だった。

 雅子さんは黒川さんのことを「ピヨコちゃん」と呼ぶ。ピーピーとひよこのように騒がしいからだという。

 しばらくリビングで三人で話をしていたが、黒川さんが突然麻雀をやろうと言い出した。三人しかいないのでは、と訝しげな顔をする私に、大阪では三人打ちが主流なんや、との説明。簡単なルール説明のあと、手積みで始めた。

 ハニャコさんの牌捌きが妙に流麗なのが気になった。たしか高校の美術の先生と紹介されたよな……。六巡目、私が五索(ウーソウ)を捨てると、ハニャコさんが柔らかなのんびりした声で「それ、あたり。大三元」。その晩の結果は書くまでもない。

 以来なぜか、私は大阪に出張するたびに黒川邸に泊まる羽目になった。

 ここまで雅子夫人と麻雀について書いてきたのは、二つのどちらが欠けても「作家・黒川博行」は誕生しなかったからである。

 黒川さんが最初に小説を書こうと思ったのは、一九八二年、三十三歳のときである。当時、黒川さんは大学卒業後勤めていた大手スーパーから高校の美術教師に転職していた。それまで古今東西の文学作品はもちろん、とりわけ二十代後半からはアガサ・クリスティーやエラリー・クイーン、レイモンド・チャンドラー、松本清張からエルモア・レナードまで、ミステリー、ハードボイルドの名作を読み耽っていた。その下地があったので、その年に創設されたサントリーミステリー大賞に応募しようと思い立ち、「おれは推理小説を書く。サンミスに応募するんや」と高らかに宣言したのである。

【次ページ】

後妻業
黒川博行・著

定価:本体740円+税 発売日:2016年06月10日

詳しい内容はこちら

// JavaScript Document