2010.04.19 文春写真館

岡本太郎の名セリフ『芸術は爆発だ』

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

岡本太郎の名セリフ『芸術は爆発だ』

 岡本太郎は明治四十四年(一九一一年)生まれ。父は漫画家だった岡本一平。母は歌人、作家として知られた岡本かの子。写真は昭和二十七年(一九五二年)に撮影された。

「オール讀物」二月号グラビア「われは二代目」という企画に登場し、〈画壇のアヴァンギャルド(前衛)〉と紹介された。

〈二科会に属しての氏の精力的な活動には、先代の知性と情熱とが脈々と流れている〉(同誌より)

 昭和四十五年(一九七〇年)、大阪で開かれた日本万国博覧会のシンボル〈太陽の塔〉を制作、一躍その名を知られることとなった。生涯、芸術における既成概念の打破をめざし、CMに使われた「芸術は爆発だ」のフレーズは流行語となった。

 平成八年(一九九六年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004