2011.03.07 文春写真館

花形作家十傑に選ばれた獅子文六

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

花形作家十傑に選ばれた獅子文六

 獅子文六(本名 岩田豊雄)は明治二十六年(一八九三年)生まれ。小説家、劇作家、演出家として活躍した。昭和十二年 (一九三七年)、岸田國士、久保田万太郎らと劇団文学座を創立した。

〈「文学座」を命名したのは、獅子文六である。文学座は戦前、文六によって生まれ、戦後、杉村(春子)によって大きく育った〉(牧村健一郎著「獅子文六の二つの昭和」より)

 戦後、小説「海軍」で戦争協力作家の仮指定を受け、あやうく公職追放になりかけたが、関係者の奔走もあって、指定はまぬかれた。その後、「主婦の友」に自伝的小説「娘と私」を連載。さらに、「週刊朝日」を舞台に、株の世界を描いた「大番」を連載し、絶大な人気を博した。

「文藝春秋」昭和三十四年(一九五九年)七月号に、「花形作家十人選挙」なる特集記事とグラビアがあり、そのひとりに名を連ねた。六人の評論家がそれぞれ十名ずつ選んで投票した企画である。侃々諤々の議論のすえに決まったものだが、ちなみに、他の九人は、満票の井上靖をはじめ、吉川英治、石川達三、谷崎潤一郎、舟橋聖一、丹羽文雄、川端康成、三島由紀夫、伊藤整となっている。獅子文六は四票を獲得した。写真はこのとき撮影されたもの。昭和四十四年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004