2013.06.24 文春写真館

新憲法の口語体を強く望んだ山本有三

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

新憲法の口語体を強く望んだ山本有三

 山本有三は本名勇造。明治二十年(一八八七年)栃木県生まれ。実家は呉服商だった。家業を継ぐことを期待されたが、佐佐木信綱が主宰する短歌の結社に参加、またさまざまな雑誌に投稿するなど、文筆の世界にあこがれた。東京府立一中を卒業後、旧制一高へ。ここで近衛文麿と同級生だった縁から、終生親交を温めた。東京帝国大学入学後、芥川龍之介、久米正雄らと第三次「新思潮」に参加する。卒業後、戯曲「生命の冠」で文壇にデビューする。「生きとし生けるもの」「波」「風」「女の一生」を朝日新聞に連載。また「真実一路」(昭和十年=一九三五年)を「主婦之友」に連載し、作家として不動の地位を築く。さらに、芥川や菊池寛らとともに文芸家協会を設立し、著作権の確立にも尽力した。

 ただ、共産党シンパと疑われて逮捕されたり、その後も検閲の厳しい追及から「路傍の石」が中断に追い込まれたりするなど苦しい時代も過ごした。

 昭和十六年には帝国芸術院会員に選ばれたが、戦争中は、軍国主義には批判的な立場をとっていた。

 終戦直後の昭和二十年十二月、巣鴨拘置所への出頭命令の出た近衛の行く末を案じ、近衛自決の前夜も荻外荘で面会していた。

 貴族院勅選議員となり、国語国字問題に取り組み、ふりがな廃止を唱えた。また口語化にも尽力し、新憲法の公布にあわせて、口語体の使用を強く要望した。昭和二十二年の第一回参議院議員選挙に当選、緑風会の結成に奔走し、その名付け親にもなった。昭和四十年、文化勲章受章。昭和四十九年没。写真は昭和四十八年に撮影された。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004