特集

偉大なバンドやミュージシャンの幕引きは、ときに時代そのものに引導を渡す? 速水健朗

『バンド臨終図巻 ビートルズからSMAPまで』 (速水健朗・円堂都司昭・栗原裕一郎・大山くまお・成松哲 著)

文: 速水 健朗

ビートルズ、カルチャー・クラブ、T・レックス、おニャン子クラブにSMAP……古今東西191、一世を風靡した人気バンドの解散理由を全暴露、音楽ファン悶絶の名著が文庫に。刊行を記念して、各著者による文庫未収録のコラムを5日間連続で公開します!

『バンド臨終図巻 ビートルズからSMAPまで』 (速水健朗・円堂都司昭・栗原裕一郎・大山くまお・成松哲 著)

 69年秋に録音順のラストアルバム『アビイ・ロード』が発売され、これを最後にビートルズのメンバー揃っての活動が行われることはなくなった。この実質上のビートルズの解散(詳細は文庫版24ページ)は単なる一バンドの解散を超える意味を持っていた。新しい若者文化の胎動と革命前夜の空気に満ちた60年代そのものの幕引きを示す、象徴的な出来事でもあったのだ。

『アビイ・ロード』を蹴落としてレッド・ツェッペリンのセカンドアルバムがチャートの1位を奪取した(70年2月)のはよく知られた逸話。愛と平和の60年代が終わり、喧噪の70年代が始まったのだ云々……。同じような話に、山口百恵が引退し、松田聖子のデビューした80年の逸話がある。百恵が引退して70年代が終わり、聖子の80年代がやってきた云々……。

 さらに89年は、昭和天皇が崩御した昭和最後の年だった。この昭和の終わりの印象は、天皇だけではなく、美空ひばり、手塚治虫といった昭和を代表する存在の、相次ぐ死によって強く突きつけられた。また、世界的にはベルリンの壁の崩壊が、世界が東西の陣営に分かれた冷戦時代の終わりを象徴する出来事として記憶されているのがこの年である。

 これらの例に見られるように、偉大なバンドの解散、偉大な人物の退場は、ときに時代を終わらせるなど、象徴的な意味を持ってしまうことがある。また、60年代、70年代と時代を10年ごとに区切ってものごとを考えることが、本質的な意味を持つとは思えないが、デケイドの終わりには、大きな意味を持つ解散・崩壊や人物の死が待ち受けているのはよくある話なのだ。

 このような法則に忠実に従ったのか、20世紀から21世紀への変わり目というのは、数多くのバンドたちの解散によって彩られていた。

 まず、90年代の最後の年である99年には、かねてから予言していたとおり聖飢魔IIが解散したが、彼ら以外にも、黒夢、爆風スランプ、筋肉少女帯、T-BOLAN、叫ぶ詩人の会と、一時代を築いたバンドの解散・活動休止が相次いだ。

 さらに、20世紀最後の年であり、1000年紀(ミレニアム)の終わりでもあった00年には、フェイバリット・ブルー、SPEED、WANDS、ブランキー・ジェット・シティ、Hi-STANDARD、SHAZNA、ストリート・スライダース、サニーデイ・サービス、LUNA SEA、センチメンタル・バス、ポケット・ビスケッツと、さらに多くのバンドが解散・活動休止に陥っている。

 この両年は前後の年に比べても、明らかにビッグネームの解散・活動休止の件数が圧倒的に多かった。まさに解散のマジックイヤーである。

【次ページ】

バンド臨終図巻 ビートルズからSMAPまで
速水健朗・円堂都司昭・栗原裕一郎・大山くまお・成松哲・著

定価:本体980円+税 発売日:2016年12月01日

詳しい内容はこちら