2013.04.30 文春写真館

山口瞳流、大人の飲み方

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

山口瞳流、大人の飲み方

 大正十五年(一九二六年)生まれ。父は実業家で派手な家庭だったが、事業が行き詰まり、経済的に苦しい思春期を過ごした。兵役をへて、戦後河出書房に入ったが、倒産して失職の憂き目にあう。昭和三十三年(一九五八年)、開高健の推薦で寿屋(現サントリー)に入社、昭和三十八年、在職中に「江分利満氏の優雅な生活」で直木賞を受賞する。このころ、「週刊新潮」から連載コラムを依頼されて、文筆業に専念するために退社する。こうして始まった名物コラム「男性自身」の連載は、亡くなるまで千六百回以上続いた。

 地元国立のことを折に触れて書きつづったが、近所の行きつけの居酒屋「文蔵」も、たびたび登場した。ここは小説「居酒屋兆治」のモデルとなったお店。ちなみに店名は、ロッテの元エース、村田兆治からきている。

 主人の八木方敏氏は、

「こちらにお見えのときは、たいてい開店直後にいらっしゃいました。そして人肌の燗酒を三、四本、煮込みの豆腐に、モツ焼きを二、三本くらい食べて一時間ほどでさっと席を立つ。店が混んで来たときに自分がいると迷惑だろうからと、長居しないのが先生のスタイルでした」(「文藝春秋」平成十八年=二〇〇六年二月号「鮮やかな『昭和人』五〇人」より)

 大人の飲み方として参考になる向きもあろうかと思う。「礼儀作法入門」がロングセラーとなるなど、サラリーマン向けの礼儀作法について書かれた文章もひろく読まれた。

 写真は昭和五十五年六月、「文蔵」にて撮影。平成七年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004