2014.07.22 文春写真館

江利チエミ
「テネシー・ワルツ」に込められた思い

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

江利チエミ<br />「テネシー・ワルツ」に込められた思い

 美空ひばり、雪村いづみとともに「三人娘」と呼ばれた江利チエミ。写真は、「オール讀物」昭和二十八年(一九五三年)十一月号、〈欧米から新帰朝の方に、異国モードの見せくらべをして頂きました〉と、グラビア頁「おみやげスタイル」に、アメリカ・ロサンゼルスから帰国した際に登場したときのものである。

 江利チエミは、昭和十二年、東京・下谷区(現・台東区)に生まれた。十五歳のとき、ジャズの天才少女として「テネシー・ワルツ」でデビューすると大ヒット。アメリカ講和特使、J・F・ダレス長官は任務を終えて帰国の折、〈「江利チエミという十七才の少女が歌っているテネシー・ワルツは、私の母国で最初に歌ったパティ・ペイジと同じくらいうまい。英語の発音も歌も素晴らしい。彼女のレコードが私のお土産です」〉と語ったという(藤原佑好『江利チエミ物語』長崎出版)。

 昭和三十四年には、新進の俳優、高倉健と結婚する。しかし、昭和三十七年、母が父と結婚前に生んでいた異父姉が姿をあらわし、運命は暗転した。自宅の火事、実兄の急死と不幸が相次ぎ、異父姉には数億円に及ぶ財産を奪われた。すれ違いが続いた高倉とも、昭和四十六年に離婚。

 借財の返済も終えた昭和五十七年二月十三日、東京・高輪の自宅で、脳溢血で意識を失い、吐瀉物が気道に詰まっている状態で発見される。死因は窒息死。享年四十五。密葬が行われた二月十六日は奇しくも、高倉健の誕生日であり、二人の結婚記念日だった。

〈高倉健主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」(平成十一年公開、浅田次郎原作、降旗康男監督)は高倉が十九年ぶりに撮った東映作品である。高倉は北の国の単線駅の終着〈幌舞〉の駅長役を演じた。妻と一人娘を亡くし、定年をひかえた彼は雪の降る中、孤独の死をとげる。その劇中、駅長役の彼は何度か「テネシー・ワルツ」を口ずさむ。ドラマと現実とが重なるようなシーンであった。この曲を選んだのは高倉自身だと伝えられる〉(同前)

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004