2016.11.18 書評

音楽好きのための“人間嘘発見器”考察

文: 佐竹 裕 (コラムニスト)

『シャドウ・ストーカー』 (ジェフリー・ディーヴァー 著/池田真紀子 訳)

『シャドウ・ストーカー 上』 (ジェフリー・ディーヴァー 著/池田真紀子 訳)

 手に汗握る“ジェットコースター・ミステリー”でおなじみのジェフリー・ディーヴァー。彼の描く魅力的な主役陣のなかでも、たいへん恐縮ながら、リンカーン・ライムよりキャサリン・ダンスのほうが圧倒的に好きだってことを、まず白状しておこう。

 ディーヴァー作品と言えば、何はともあれライム・シリーズというのが、ミステリー・ファンの共通見解だろう。『ボーン・コレクター(The Bone Collector)』(一九九七年)で登場するや海外ミステリー・ファンの心を鷲掴(わしづか)みにしてしまった、四肢麻痺のニューヨーク市警科学捜査顧問リンカーン・ライム。いまや押しも押されもせぬ大ベストセラー作家となったディーヴァーが生んだ現代版安楽椅子探偵の活躍譚は、日本でも人気のシリーズとなって、年末のベストテン・アンケートでつねに上位に選ばれるほどの確固たる地位を手にしている。

 そんなシリーズの第七作『ウォッチメイカー(The Cold Moon)』(二〇〇六年)に初登場して読者に鮮烈な印象を残したのが、カリフォルニア州捜査局捜査官で通称“人間嘘発見器”のキャサリン・ダンスだ。事情聴取においてキネシクス(容疑者や証人のボディランゲージや言葉遣いを観察し分析する科学)を駆使することで捜査戦略に役立つ情報を手に入れる、いわば尋問の専門家である。

 二〇〇七年には、彼女をヒロインに据えた長篇『スリーピング・ドール(The SleepingDoll)』が発表され、ライム・シリーズからスピンオフした新たなシリーズが誕生した。続く第二作『ロードサイド・クロス(Roadside Crosses)』(二〇〇九年)も好評。そして本書『シャドウ・ストーカー(XO)』(二〇一二年)が、キャサリンのシリーズ第三作にあたる。

『ウォッチメイカー』事件での初登場時、証拠至上主義のライムは、キャサリンにたいして最初は懐疑的だけれど、キネシクスが立派な科学であることを目(ま)の当たりにしてその稀有なスキルを認めざるをえなくなる。彼女の初陣(ういじん)はそれほどに鮮烈だった。ディーヴァーはこの時点でキャサリンを主人公にしたスピンオフ・シリーズを念頭に置いていたのではないか。そう思えるほど、その人物造形は完成されたものだった。

 

 キャサリン・ダンスは、文豪ジョン・スタインベックが小説『キャナリー・ロウ〈缶詰横町〉(Cannery Row)』(一九四五年)で人情味あふれる町として描いたモンテレーの隣町、パシフィックグローヴに、ウェスという息子とマギーという娘、二人の子供と一緒に住んでいる。身長百六十五センチで暗めの金髪。FBI捜査官だった夫を交通事故で亡くした未亡人だ。新しいデザインの靴に目がなく、大好きすぎるくせにスイーツをダイエットの大敵とみなす。徹底して科学的な分析を行うかと思うと、「AからBへ、跳んでXへ……」という突然のひらめきによって、謎の真相へと導いてもらうこともままある。尋問で戦闘態勢に入るときは、黒い金属フレームの眼鏡にかけ替える。人間嘘発見器と呼ばれながらもそんな人間臭さを無防備にさらけ出しているところが、小生にとってはとにかく魅力的なのである。

 そんなだから、プライベートもまたお騒がせと言っていい。亡くなった夫を愛していたわりには意外と惚れっぽいのだ。『スリーピング・ドール』では、初対面のカルト犯罪の専門であるFBI捜査官ケロッグになびきそうになるし、その後も、前作『ロードサイド・クロス』で初登場し捜査協力をしたカリフォルニア大学教授のコンピューター専門家、ジョン・ボーリングと急接近していくキャサリン。本作ではボーリングとのちょっとしたすれ違いから、かねてよりコンビを組んで捜査にあたっていたモンテレー郡保安官事務所の刑事マイケル・オニールとの親密な関係が復活する。息子のウェスがめずらしく拒絶反応を示さない(自分から母親を奪おうとしていると思わない)この二人のどちらが、最後にキャサリンのハートを掴むことになるのか、そのあたりも目が離せないところだ。

【次ページ】

シャドウ・ストーカー 上
ジェフリー・ディーヴァー・著/池田真紀子・訳

定価:本体760円+税 発売日:2016年11月10日

詳しい内容はこちら
リンカーン・ライムシリーズ 特設サイトはこちら

シャドウ・ストーカー 下
ジェフリー・ディーヴァー・著/池田真紀子・訳

定価:本体780円+税 発売日:2016年11月10日

詳しい内容はこちら
リンカーン・ライムシリーズ 特設サイトはこちら


こちらもおすすめ
書評全悪人怪人大百科 リンカーン・ライム編(2015.11.25)
書評どんでん返しの魔術師、007を描く(2014.11.19)
インタビュー・対談9・11後の007を描く(2011.10.14)
書評極上のスリルを愉しもう(2013.11.08)
書評『ポーカー・レッスン』解説(2013.09.06)
書評“怪人対名探偵”、現代によみがえる(2012.10.18)
インタビュー・対談巨匠のサスペンス執筆術(2012.06.12)
書評危険な「魔術師(イリュージョニスト)」(2004.10.20)