2011.05.16 文春写真館

編集者出身の喜劇王 古川緑波

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

編集者出身の喜劇王 古川緑波

 昭和を代表する喜劇俳優・古川緑波には、文藝春秋の社員であった時期がある。

 本名は古川郁郎。明治三十六年(一九〇三年)華族の家に生まれた、生粋のインテリ。「緑波」は小学校時代に自らつけた筆名だ。映画雑誌への投稿で文才を発揮、早大在学中に菊池寛に招かれ、雑誌「映画時代」の編集者として入社した。

 やがて「映画時代」を独立させ、自ら経営に乗り出すが、失敗。「声帯模写」で開花するのはその後である。徳川夢声らと「笑いの王国」を結成、モダンな芸風で大人気となった。

 写真は、戦後間もない昭和二十四年(一九四九年)五月、東京劇場での観劇風景で、左端が緑波。(緑波の右から)横山隆一、中山義秀、佐々木茂索(社長)、今日出海といった、文藝春秋で活躍する面々と共に、笑顔を見せている。この月、有楽座で「古川緑波一座」の公演をおこなっているが、さしもの人気にも陰りが見えていた。緑波の日記には、共演者、興行主、観客への不満、愚痴が多くみられる。案の定、緑波の一座はこの公演を最後に解散する。憂鬱な時期、昔からの仲間との束の間の心休まるひとときだったのだろうか。

 この後も喜劇界の重鎮として活躍し、昭和三十六年、五十七歳で没する。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004