2011.03.22 文春写真館

東北地方太平洋沖地震 それでも人は生きねばならぬ

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

東北地方太平洋沖地震 それでも人は生きねばならぬ

 平成二十三年(二〇一一年)三月十一日午後二時四十六分。これは、日本人にとって、永く忘れられない日付と時刻になった。

 東北地方太平洋沖地震――。

 被災地のひとつ、宮城県南三陸町は、今回の地震で、消失した町のひとつである。

〈水が引いた現場を訪れると、ほとんどの建物が流され、まるで沼のよう。なんとか水圧を耐え抜いたコンクリート造りの五階建てマンションでも、その屋上に流された車が乗るなど、濁流の凄まじさを物語る光景が広がる〉(「週刊文春」三月二十四日号グラビアより)

 写真は同町の惨状。津波はすべてを呑み込んでしまった。たしかに町は死んだが、それでも人は生きている。

〈生れて来た以上は、生きねばならぬ。敢て死を怖るるとは云わず、只(ただ)生きねばならぬ。生きねばならぬと云うは耶蘇(ヤソ)孔子以前の道で、又耶蘇孔子以後の道である。何の理屈も入(い)らぬ、只生きたいから生きねばならぬのである。凡(すべ)ての人は生きねばならぬ〉(夏目漱石「倫敦塔」より)

 いまはただ、残されたすべての人々が生き延びて欲しいと切に祈るのみである。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004