2014.02.03 文春写真館

河盛好蔵は「フランス文学の町医者」

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

河盛好蔵は「フランス文学の町医者」

 フランス文学者、評論家の河盛好蔵は明治三十五年(一九〇二年)、大阪府堺市生まれ。旧制府立堺中学を経て、第三高等学校に入学。京都帝国大学仏文科を卒業後、関西大学に赴任する。昭和三年(一九二八年)、理事同士の確執に嫌気がさして関西大学を辞職、フランスに渡る。昭和五年、帰国。「ファーブル昆虫記」を三好達治らと共訳する。

 戦後、東京教育大学、共立女子大学教授となる。モラリスト文学を研究し、「フランス文壇史」で読売文学賞(研究・翻訳)を受賞する。「パリの憂愁」で大佛次郎賞を受賞。昭和六十三年には、文化勲章を受章した。

〈私はフランス文学研究の町医者をもって自ら任じ、その代り、患者に親しまれ、頼りにされる医者になることを多年心がけてきた〉(「外国語五十年」より)

 写真はこのときに神田神保町の古書店にて撮影。

 当時すでに八十代半ばだった。

〈雑誌「新潮」に『藤村のパリ』を連載するなど、執筆意欲はなおも旺盛だが、「一日の三分の二は寝てますよ」と苦笑する。
「調べるのは楽しみだが、書くのはどうも面倒くさい。小林秀雄さんが晩年に、一日のうちで頭がハッキリしてるのは二時間だけ、と言ってたが、わかるような気がするな」〉(「文藝春秋」昭和六十四年一月号「日本の顔」より)

 老体ながらも執筆に励んでいたが、平成元年(一九八九年)に、八十七歳で脳梗塞に見舞われ倒れてしまう。しかし、その後も筆を置くことなく精力的に執筆活動を続け、「藤村のパリ」で、二度目の読売文学賞(随筆・紀行)を受賞。また、新潮社から「私の随想選」全七巻を刊行する。さらに、平成九年、九十五歳にして、京都大学から博士号(文学)を授与された。平成十二年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004