2009.04.06 文春写真館

〈日本の顔〉連載第一回は小林秀雄

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

〈日本の顔〉連載第一回は小林秀雄

 「文藝春秋」の名物グラビア〈日本の顔〉は昭和四十年(一九六五年)一月号から連載が始まった。以来登場した著名人は五百人を超える。

 その第一回に登場したのが小林秀雄だった。明治三十五年(一九〇二年)東京生まれ。二十八歳のとき『様々なる意匠』が「改造」の懸賞論文第二席に入選。新しい文芸評論家として華々しくデビューした。以来『ドストエフスキィの生活』『無常といふ事』『考へるヒント』など、日本における批評文学の先駆的業績は大きい。

 〈「ぼくは後をふりむかない。人生に対しても書いたものに対しても――先へ先へと考えてしまうのだ。一つの仕事をおえると、こんどはもう少しむずかしい問題を考えてやろうという気持だけがある」(清水寺参道にて)〉

 「見開き三カット、一ページもの二カットで計八ページの〈日本の顔〉の構成は、開始当初から四十年以上まったく変っていない。

 ポートレイトをはじめ、仕事、家族、交友関係、趣味などを載せた巻頭ページは、ゆるぎのない〈雑誌の顔〉である。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004