2014.01.27 文春写真館

「財界の鞍馬天狗」中山素平が説く、知恵ある企業人の生き方

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

「財界の鞍馬天狗」中山素平が説く、知恵ある企業人の生き方

 数多くの企業の立ち上げや合併、救済に奔走し、「財界の鞍馬天狗」の異名をとった元日本興業銀行頭取の中山素平は、明治三十九年(一九〇六年)生まれ。麻布中学を経て、東京商科大学(現在の一橋大学)卒業。昭和四年(一九二九年)、日本興業銀行に入行する。昭和十八年、シンガポールに派遣される。終戦直後、興銀はGHQ(連合国総司令部)により「戦犯銀行」として廃止されかけたが、中山は調査部長・復興金融部長として粘り強く交渉し、存続を認めさせた。

 理事、常務取締役を経て、昭和二十六年、日本開発銀行に出向する。昭和二十九年、興銀に戻り副頭取、昭和三十六年、頭取に就任する。高度経済成長期、中山が発揮した巧みな根回しは、数々の日本経済の大きな節目で、成果を上げた。

 昭和四十年、山一証券の経営危機に際して、事態収拾のための会議が行われた時、日銀特融を主張し、田中角栄蔵相の決断を引き出すきっかけをつくった。昭和四十五年、富士製鉄と八幡製鉄の大型合併では、学者やマスコミ、公正取引委員会が反対する中で、日銀出身の山田精一委員長と大平正芳通産相の会談をセットし、合併承認への道を開いた。

 中曽根康弘首相が推進した国鉄分割民営化で、反対していた田中角栄を説得したのも、中山素平だった。

 〈手放しの楽天性を推賞するわけではないが、いかなる問題も解決され得るものと考え、そのために他人の知恵も借り、自分の主張について協力者を増やすという態度こそ、私は真に知恵ある企業人の生き方だと考えている〉「中山素平「企業における知恵ある生き方」より」

 平成十七年(二〇〇五年)、九十九歳で没。写真は昭和五十三年撮影。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004