レビュー

『あまからカルテット』 解説

『あまからカルテット』 (柚木麻子 著)

文: 酒井 順子 (エッセイスト)

 女の友情には、恋愛と同様に、山と谷とがあります。「あまからカルテット」の四人組のように学生時代からの仲良しでも、時には友情に波風が立つことがある。

 やはり恋愛と同じく、友情も最初の頃は蜜月が続くのです。四人組も、学生時代は何でも打ち明け合い、共に行動をし、おおいに盛り上がったことでしょう。

 しかし就職や結婚で別々の道に進むと、蜜月にも翳りが見えることがあるのです。恋愛に夢中になって友達付き合いが悪くなったり、仕事が忙しくて友達どころではなくなったり。

 そんな様子を見ると男性は、「女同士の友情なんて、本当は存在しないんだ」などと言いたがるものです。「本当の友情は男だけのもの」と、彼等はホモソーシャル的な満足感に浸ることになる。

 しかし女性の友情というのは、非常に柔軟性が高いのです。様々な経験を積むうちに、仲良しグループの一人が色ボケ状態とか社畜状態になっても、他のメンバーは「ま、一時的なことでしょう。しばらくしたらこっちに戻ってくるに違いない」と、余裕をもって構えることができるようになってくる。しばらく友人の輪から離脱していたメンバーが恋愛や仕事でピンチに陥った時、友人達は最後のセイフティ・ネットとしてどんと構えて、落ち込んでいる友を救うのです。

 柚木麻子さんは、おそらく女子校生活のせいでしょう、「女の友情の波風」について、とてもよくわかっている方です。そして「あまからカルテット」における四人組は、今まさに、女の友情の鍛錬期にあるようです。中学高校と女子校において同級生だった四人はそれぞれ別の道に進んでいて、結婚している人もいれば、仕事に邁進する人も。独身組にそれぞれ彼ができました、というところから物語はスタートします。

 ピアノ教師の咲子が食べたお稲荷さんの味からその作り手を探し出したり、ハイボールの味から、恋に終りが近いことを察したり。四人の共通した感覚は味覚の鋭さであり、その感覚を利用することによって、探偵のように謎を解くのが痛快です。

 四人が助け合い、知恵を出し合って難局を乗り切ろうとする様子を読んでいると、私も昔のことが懐かしく思い出されるのです。私達は本書の四人ほど発達した味覚には恵まれませんでしたが、手ひどく男性からふられた友達のために、皆で協力してちょっとした仕返しをしたりしたものでしたっけ。

【次ページ】

あまからカルテット
柚木麻子・著

定価:560円+税 発売日:2013年11月08日

詳しい内容はこちら