2014.05.28 書評

ソロスから学んだこと

文: 橘 玲 (作家)

『臆病者のための億万長者入門』 (橘玲 著)

「ヘッジファンドの帝王」ジョージ・ソロスは1930年にブダペストのユダヤ人家庭に生まれた。

 第1次世界大戦で敗戦国となり領土の大半を失ったハンガリーでは民族主義が高揚し、ナチス・ドイツに与して領土回復を目指していた。第2次世界大戦が勃発したのはソロスが9歳の時で、ブダペストのユダヤ人も次々と収容所に送られていった。

 そんな彼らを救うために尽力したのがソロスの父親だった。第1次世界大戦後、シベリアの収容所から脱走し、ロシア革命のなか8000キロを逃げ延びて帰還した父親は幼いソロスのヒーローだった。弁護士となった父はナチスという新たな脅威を前にして、「非常事態には法は適用されない」と宣言してソロス家の指揮をとり、家族全員の身分証を偽造し避難先を手配するとともに、助けを求める同胞に偽の身分証明書類を提供した。

 敗色濃厚となったドイツ軍がブダペストを占領すると、市街戦とユダヤ人虐殺が始まった。路上には人間や馬の死体が転がり、ソ連の戦闘機が機銃掃射を繰り返すなか、13歳のソロスは秘密部屋を出て街を探索し、近くの井戸から水を汲み上げて家に運んだ。ソロスは後年、ブダペストが炎に包まれたこの年を「人生でもっとも幸福な日々」と回想している。

 勉学のためイギリスに渡ったソロスは科学哲学の大家カール・ポパーに憧れて学問の道を志すが挫折し、26歳でアメリカに渡って株の取引を始めた。だがソロスが求めたものは、経済的な成功ではなかった。じゅうぶんな富を得て33歳でビジネスの第一線から退いたソロスは学問に戻り、哲学書を書き上げるために3年を費やした。ソロスがヘッジファンドの運用者として再登場するのは、その試みを放棄した後だ。

【次ページ】戦争と投機

臆病者のための億万長者入門
橘 玲・著

定価:750円+税 発売日:2014年05月20日

詳しい内容はこちら