2009.02.02 文春写真館

『政界の団十郎』佐藤栄作

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

『政界の団十郎』佐藤栄作

 佐藤栄作元首相は「政界の団十郎」と呼ばれた美男だったが、「無愛想」と思われたためか、「栄ちゃん」と呼ばれたいと言ったことがある。しかし、実際に「栄ちゃん」と呼ばれたら、不機嫌な顔をしたという逸話もある。

 七年八か月にわたる長期政権を担ったが、政権末期は後継争いが激化して、派閥は分裂様相を呈した。

 昭和四十七年(一九七二年)六月の退陣表明記者会見では、

 「テレビカメラはどこかね。偏向的な新聞は大嫌いなんだ。直接国民に話したい」と発言、とんだハプニングを巻き起こす。

 〈首相の新聞ひぼうに怒り、あきれ果てた内閣記者団は首相に強く抗議して一斉に退場。このあと、テレビカメラだけが残されたガランとした首相官邸の会見室で、首相はモノいわぬ機械に向かって一人でしゃべっていた〉(朝日新聞昭和四十七年六月十七日夕刊)

 引退会見で時の首相が「しゃべっていた」と朝日新聞が書いたのは空前絶後だろう。

 写真は昭和四十三年撮影。三選を前にしたいわば政権絶頂期の姿。

 昭和四十九年(一九七四年)非核三原則の提唱を理由にノーベル平和賞を受賞している。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004