インタビュー・対談

林真理子×マキタスポーツ 「山梨」発「野心」経由のふたり【前編】

聞き手: 「オール讀物」編集部
林真理子×マキタスポーツ 「山梨」発「野心」経由のふたり【前編】

同じ山梨県出身で、マルチに活躍する二人が語る故郷で過ごした青春時代や、東京での日々、そして執筆への想い

マキタ 真理子先輩、今日はよろしくお願いします。実は先輩のためにお土産をお持ちしたんです。

 わあ、私の大好きな浅草の「亀十」のどら焼き! ありがとうございます。マキタさんは私と十六歳違うんだよね。それで、同じ山梨県山梨市出身で、高校も同じ山梨県立日川高校の卒業です。マキタさんは二〇一四年のNHKの朝ドラの『花子とアン』にも先生役で出演されていて、後輩でこんなに活躍している方がいて嬉しいです。

マキタ 真理子先輩にそうおっしゃっていただいて感激です。NHKの朝ドラに出たら、ようやく山梨の人も僕の存在を認めてくれたようで、皆に「おめでとう」と言われました。でも、山梨弁でお芝居をするって、パジャマでパーティー会場に居るみたいな恥ずかしさがありました。「てっ」とか「何とかずら」って、完全に家の中の言葉なんですよね。

 方言って不思議で、私もふだん標準語なんだけど、中央線の特急で笹子(ささご)峠を越えると「霧が出てるじゃん」って言ってしまうんです。でも、山梨って東京の人の認識はすごく中途半端で、東京と隣接してるって言うと「ウソッ」とか言われるじゃない。

マキタ 「山梨出身です」って言うと、「ああ、フルーツがおいしくて、ほうとうがあって……」で話が終っちゃいますよね。富士山は静岡のものだと思われているし。

 沖縄や福岡と違って、山梨県出身の有名女優さんっていないんですよ。昔から“富士山の見えるところに美人はいない”っていうのが定説なんです。

【次ページ】引きこもりになり世間を呪った

オール讀物 2017年1月号

定価:980円(税込) 発売日:2017年12月22日

詳しい内容はこちら