2009.04.20 文春写真館

文学座ひとすじを通した杉村春子

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

文学座ひとすじを通した杉村春子

 文学座の劇団員とともに野球に興じるのは、女優の杉村春子。

 〈ひと呼んで“文学座の女座長”。とにもかくにも文学座の屋台骨を、ほとんどひとりで支えてきた。福田恆存氏にひきいられた劇団“雲”の分裂騒ぎ、つづいて三島由紀夫氏の“喜びの琴”事件(新作の戯曲を上演拒否)で、幹部・中堅どころがごっそり退団した。一時は危ぶまれた文学座だったが、建直しに成功、今年三十周年を迎えた〉(「文藝春秋」昭和四十二年=一九六七年八月号)

 女学校の音楽教師から、築地小劇場に入り、文学座創立に参加。以来芝居ひとすじである。「女の一生」の布引けい役は終生の当たり役となった。「欲望という名の電車」「華岡青洲の妻」などの舞台のほか、映画、テレビでも幅広く活躍。

 平成七年(一九九五年)には文化勲章の候補に挙がったが、辞退した。平成九年(一九九七年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004