2010.01.18 文春写真館

潜水夫になりたかった檀 一雄

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

潜水夫になりたかった檀 一雄

 檀 一雄は料理上手で有名だったが、水泳も得意だった。「最後の無頼派」といわれた檀 一雄は、明治四十五年(一九一二年)生まれ。東京大学経済学部入学後、太宰 治、井伏鱒二らの知遇をえる。戦前、日本浪漫派を代表する存在となるが、戦後は一時執筆を中断していた。

「長恨歌」「真説石川五右衛門」で第二十四回直木賞を受賞。代表作「火宅の人」では自らの愛人との生活とその破局を描いた。太宰との交友は有名で、太宰の死後「小説 太宰治」を執筆した。

〈何でも思いつくと、すぐ実行に移した。「潜水夫になりたい」。昭和二十六年六月十九日、油壺にて決行する。奇しくもその日は、昭和二十三年に入水自殺した太宰 治の桜桃忌当日。「海底で、太宰の死霊の導きを受けているようだった」と畏友を偲んだ〉(「諸君!」平成十五年=二〇〇三年五月号)

 昭和五十一年(一九七六年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004