2010.05.31 文春写真館

大山康晴名人の偉大な記録

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

大山康晴名人の偉大な記録

 写真は第二十四期名人戦第一局。終了の後、慎重に戦いをふりかえる大山名人(右)と挑戦者の山田道美八段(左)(「文藝春秋」昭和四十年=一九六五年六月号)。

 大山康晴は大正十二年(一九二三年)生まれ。七歳にして将棋を覚える。大阪の木見金治郎八段の門下に入るが、兄弟子に鬼才と称された升田幸三がいた。

〈大山名人にとって、この兄弟子の存在は、無くてはならぬものであった。「私にとって、升田さんを兄弟子に持ったことは、この上ない幸運であった。もし升田さんがいなければ、今日の私があり得たかどうか。おそらく不可能ではなかったろうか。それが後年、宿命のライバルなどといわれるようになったのだから、運命の皮肉を感じないわけにはいかない」

 昭和二十七年第十一期名人戦で木村義雄名人に挑戦。これを破り名人位につく。通算千四百三十三勝、タイトル獲得八十期など歴代一位の輝かしい記録を持つ。平成四年(一九九二年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004