特集

女子御三家・傾向と対策(著者による解析、入試問題と一部解答つき)

問題分析:矢野耕平(『女子御三家』著者) 分析協力:石井陽一、及川慎也

『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』 (矢野耕平 著)

 国内屈指の名門女子中学校として君臨する桜蔭、女子学院(JG)、雙葉の3校。その入試問題とはどのようなものか。

 各校の傾向を分析し、合否を分けた注目の問題に解答例をつけて公開する。

桜蔭中学校

2015年度入試問題分析
2015年度入試問題
科目別問題の傾向と一部解答例

女子学院中学校

2015年度入試問題分析
2015年度入試問題
科目別問題の傾向と一部解答例

雙葉中学校

2015年度入試問題分析
2015年度入試問題
科目別問題の傾向と一部解答例

矢野耕平(やのこうへい)

矢野耕平

1973年東京生まれ。大手塾に十数年勤めたのちに、中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立し、代表に就任。東京・自由が丘と三田に展開している。学童保育施設「ABI-STA」特別顧問も務める。大手塾時代は女子学院(JG)受験に特化したクラスの責任者を務め、7年間で約230名のJG合格者を輩出。とくに2006年度のJG入試では80名受験中55名合格という圧倒的な実績を記録した。著書に『カリスマ講師がホンネで語る 中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『iPadで教育が変わる』(マイコミ新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)がある。

関連記事
【自著を語る】学力の桜蔭、自由の女子学院、お嬢様の雙葉……「女子御三家」の秘密にせまる(本の話WEB 2015.10.22)

【次ページ】桜蔭中学校

女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密
矢野耕平・著

定価:本体760円+税 発売日:2015年10月20日

詳しい内容はこちら