インタビュー・対談

『鬼平』を28年間支え続けた、伝説の殺陣師・宇仁貫三氏が語る「雲竜剣」のすべて

取材・文: 春日 太一
『鬼平』を28年間支え続けた、伝説の殺陣師・宇仁貫三氏が語る「雲竜剣」のすべて

初代のドラマ『鬼平犯科帳』から現場に立ち続け、吉右衛門版でも二十八年間を務め上げた宇仁貫三氏にインタビュー。

 宇仁貫三(うにかんぞう)は、中村吉右衛門版『鬼平犯科帳』のシリーズ開始当初から二十八年間、殺陣師(たてし)として作品に携わり続けてきた。

「『鬼平』と関わっている時間が物凄く長かっただけに、今回で最後という話を最初に聞いた時は二日ぐらい寝付けなかったです。

 最後の撮影に臨むということに興奮しているのもありましたし、『これで終わりなんだ……』という寂しさもありました。そういう、いろいろ複雑な感情が入り混じりまして、しばらくの間はどうすればいいのか分からなくなっていました。それまで、『鬼平』が終わるということは全く考えていませんでした。行けるところまでやるんだろうという感覚でしたから」

 最終作となる「雲竜剣」は、吉右衛門の娘婿でもある尾上菊之助が演じる虎太郎、田中泯が演じる伯道、そして鬼平……と三人の剣客が登場する。殺陣を通してそれぞれの生き様の違いを表現するのが、宇仁の腕の見せどころだ。

「殺陣の場面では、僕が旦那(吉右衛門)と監督の間に入って打ち合わせをします。まず僕なりの意見を申し上げて、旦那の要望を聞き、それを一つにまとめてあとは現場で、と納得してもらえたところで監督に伝える――それがずっと最終回まで続きました。

 最終回はなおのことです。虎太郎は腕は立つし、その父親の伯道も腕が立つ。平蔵も腕が立つ。ですから、立ち回りも三者三様に持っていかなきゃいかんなというので、いろいろ工夫しました」

 平蔵と虎太郎の一騎打ちの場面では、虎太郎の必殺「雲竜剣」に苦戦する平蔵の姿が描かれている。

「菊之助さんが出ておられましたので、『虎太郎を立ててほしい。そうすれば鬼平も立つよね』という要望が旦那からありました。 

 虎太郎の雲竜剣は刀を大きく回転させて斬りかかる剣法です。それで、普通は一太刀目をかわされると、二太刀目は別の形で斬りかかります。でも、最後の立ち回りでは違うことを考えています。

『今度は二回転させましょう。一回しか来ないはずなのに、今度は二回来る。それをどうかわしたらいいのかと、平蔵が一瞬たじろぐという方向だったらどうですか?』と僕が申し上げたら、旦那は『それなら小刀で斬りたいね』とおっしゃったんです。

【次ページ】

オール讀物 11月増刊号 永遠の鬼平犯科帳 [完全保存版]

定価:本体880円+税 発売日:2016年10月22日

詳しい内容はこちら