2013.02.12 文春写真館

梶山季之は
フケ(逃げ)るのが得意といわれた

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

梶山季之は<br />フケ(逃げ)るのが得意といわれた

 昭和三十年代半ば、週刊誌草創期のころ、トップ屋と呼ばれる書き手がいた。雑誌の巻頭を飾る記事を任される書き手のことである。梶山季之もその一人だった。

 昭和五年(一九三〇年)、朝鮮の京城(現在のソウル)に生まれる。昭和二十年、京城帝大予科に入学するが、終戦を迎え、両親の郷里広島に戻る。農業につくがうまくいかず、新聞社を受けるも、肺に空洞が見つかり落とされた。上京して喫茶店、バーを経営するがこれもうまくいかない。昭和三十四年、「週刊文春」創刊に際して、仲間とともに参加、「梶山グループ」としてスクープ記事を連発した。週刊誌記者、ルポライターとして活躍するが、結核を発病して入院生活を送る。これを機に小説執筆を本格的に始め、昭和三十七年、産業スパイを描いた「黒の試走車」で一躍人気を得た。売れっ子時代は月産八百枚といわれるほど、数多くの原稿を執筆した。

 当時、深夜、仲間とたどり着いたバーからトイレにいくふりをしてこっそり抜け出すことから、ついたあだ名が「フケ(逃げ)の梶山」。

 〈氏の友人は二とおりの感想を持つ。

 A「明日の仕事を控えていながら、彼はその人の好さのため仲間を振り切って帰れない。窮余の策なんだなあ」

  B「彼は、サヨナラをいうのがたまらなく淋しいんですよ。だからソッと立つんです。でないとやりきれないんだ」〉(「週刊文春」昭和三十九年四月二十日号より)

 写真は同年六月に撮影。昭和五十年、取材先の香港で吐血し、客死した。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004