2012.02.03 書評

下剤や食物繊維が逆効果! スーパー便秘にご用心

文: 山名 哲郎 (社会保険中央総合病院 大腸肛門病センター部長)

『スーパー便秘に克つ!』 (山名哲郎 著)

 私の勤めている病院には毎日、便秘で悩む患者さんがたくさん来院されます。ところが話を聞いてみると、食事のとり方や薬の飲み方が間違っている人が意外に多い。

 便秘解消というと、まずは食物繊維がたっぷり入った食事をとる、それがダメなら下剤を飲む、という方が多いのではないでしょうか。しかし、実際には食物繊維や下剤が逆効果になってしまうケースがあります。それが「スーパー便秘」であり、専門的には「直腸性便秘」と呼ばれるものです。

 直腸性便秘については、一般にはあまり知られていませんでした。しかし、2010年にNHKの『ためしてガッテン』と『あさイチ』で直腸性便秘をスーパー便秘と命名して特集したところ、大きな反響がありました。『あさイチ』には私も専門医を代表して出演させていただいたのですが、その後、患者さんの数が通常の3倍以上になり、スーパー便秘かどうかを判断する検査が2~3ヶ月待ちという状態がしばらく続いたほどです。

 スーパー便秘とは、結腸の蠕動運動は正常なのに直腸に問題があるため、便が肛門近くまで来ているにもかかわらず排泄されにくいタイプの便秘です。

「強くいきまないと便が出ない」「強い残便感がある」という症状の方は、スーパー便秘の可能性が高いと思われます。

 便意があって排泄しようといきむのに、出ない。そのため食物繊維を多量にとったり、下剤を飲む。しかし、出口がつまっているため、便がどんどん溜まり、余計に苦しくなる―。そんな悪循環にはまってしまうのです。

【次ページ】慢性便秘の3分の1を占めるスーパー便秘…

スーパー便秘に克つ!
山名哲郎・著

定価:1050円(税込) 発売日:2012年01月27日

詳しい内容はこちら