2010.06.07 文春写真館

大平正芳は難しい本を好んだ

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

大平正芳は難しい本を好んだ

 大平正芳は明治四十三年(一九一〇年)生まれ。昭和五十五年(一九八〇年)没。今年は生誕百年、没後三十年にあたる。

 読書家であり、大平文庫は郷里香川県観音寺市にあり、読み終えた本だけを収録している。

〈いわゆる難しい本が好きであった。一生のうちに読む時間が限られているとすれば、さん然と光芒を放ち、心の深奥に響くような本を読みたいと願っていたようであった〉(「最後の旅」森田一著)

 写真は昭和五十三年撮影。

 昭和二十七年(一九五二年)、上司の池田勇人の誘いを受け、大蔵省を退官、衆議院選挙に立候補して当選する。昭和五十三年、自民党総裁選で福田赳夫に挑戦、福田有利の下馬評を覆して当選、総理大臣に就任する。

 昭和五十四年、増税を掲げて総選挙に望んだが、自民党は大敗。四十日抗争が勃発する。翌年ハプニング解散により、史上初の衆参同日選挙に突入する。選挙期間中、過労で倒れた大平首相は、六月十二日、他界。選挙は自民党の圧勝に終わった。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004