2011.04.25 文春写真館

別荘でくつろぐ石川達三

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

別荘でくつろぐ石川達三

 石川達三は明治三十八年(一九〇五年)生まれ。昭和五年(一九三〇年)、移民の監督官としてブラジルに渡る。このときの体験をもとにした「蒼氓」で昭和十年、第一回の芥川賞を受賞する。

 菊池寛は「話の屑籠」で、

〈この頃の新進作家の題材が、結局自分自身の生活から得たやうな千篇一律のものであるに反し、一団の無智な移住民を描いて、しかもそこに時代の影響を見せ、手法も堅実で、相当の力作であると思ふ〉と、この作品を強く支持した。戦後も、『人間の壁』『金環蝕』など社会派と呼ばれる小説を書いた。

 趣味はゴルフ。文壇でもうまさはとびぬけていて、夏は軽井沢の別荘に滞在して、プレーを楽しんだ。別荘でくつろぐ写真は、昭和四十二年夏に撮影。

〈散歩道をつくって、ふろのたきぎをとったり、花をつんだりしています。鳥はうぐいす、かっこう、ほととぎす、かけす、あとはいろんな鳥がいるけど名前がわからないな。りす、きじなんかもいますよ。この家は気に入ったオルゴールの形に似せてあるんです〉(「週刊文春」昭和四十二年八月二十一日号グラビア「別荘拝見」より)

 昭和六十年(一九八五年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004