2012.09.03 文春写真館

毒舌の美食家・北大路魯山人は
人間国宝指定を辞退した

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

毒舌の美食家・北大路魯山人は<br />人間国宝指定を辞退した

 明治十六年(一八八三年)、京都・上賀茂神社の社家に生まれる。名は房次郎。しかし、父は房次郎が生まれる前に他界した。房次郎は地元の巡査の家で育てられ、六歳で木版師福田武造の養子となる。このときから炊事を買って出て、九歳の頃には、ご飯の炊き方をマスターしたという。尋常小学校卒業後、奉公に出るが、竹内栖鳳(当時の名は棲鳳)の行灯絵に魅せられる。書と画を研鑽し、明治三十六年上京、翌年日本美術協会主催の展覧会に千字文を出品、褒状一等を獲得する快挙を成し遂げた。

 明治三十八年、書家岡本可亭の弟子となり、帝国生命保険の文書係りとなる。版下書家として独立、福田鴨亭を名乗る。明治末、朝鮮、中国国内を旅行、滞在し、書道や篆刻を学ぶ。帰国後、長浜の河路豊吉と知己を得て当地の数奇者と交流する。

 大正五年(一九一六年)、北大路姓を名乗り、加賀料理の伝統と作法を学ぶようになる。大正八年、大雅堂芸術店を開き、二年後、「美食倶楽部」を始め、会員二百名を越える盛況ぶりを誇った。大正十四年には会員制高級料亭「星岡茶寮」を東京・永田町に開く。昭和二年(一九二七年)、星岡窯を開き、本格的な作陶をはじめた。

 毒舌、傲岸不遜といわれ、柳宗悦、梅原龍三郎、横山大観、小林秀雄らを容赦ないまでに批判し、昭和十一年には、星岡茶寮から追放される憂き目にあった。戦後、困窮するが、イサム・ノグチやロックフェラー三世の知己を得て、昭和二十九年に渡米、各地で展覧会と講演会が開催された。さらに、ヨーロッパに渡り、ピカソやシャガールを訪問した。昭和三十年には、織部焼きの人間国宝に指定されるが、辞退した。

 写真は昭和三十年に撮影。昭和三十四年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004