2012.07.17 文春写真館

「西成」も「飛鳥」も
ともに「故郷」だった黒岩重吾

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

「西成」も「飛鳥」も<br />ともに「故郷」だった黒岩重吾

 大正十三年(一九二四年)、大阪市に生まれた黒岩重吾は、旧制宇陀中学(奈良県)から同志社大学に進み、そこで学徒出陣を受け、北満に渡る。敗戦で逃避行の末、朝鮮から内地に帰還し、闇ブローカー業ののち証券会社に就職。「北満病棟記」が記録文学コンクールに入選し、執筆活動を始めるが、株暴落により破産、病気入院も重なり、かつての釜ケ崎のドヤ街で暮らすようになる。情報屋、占い師、キャバレーの呼びこみなど、さまざまな職業を体験。しかし、この経験を糧とした小説を発表し次第に評価され、昭和三十六年(一九六一年)、釜ケ崎を舞台にした「背徳のメス」で直木賞を受賞する。

 金銭や権力に群がる人間を描く「西成モノ」の作者として知られた人気作家が、昭和五十年頃から次第に、古代史を正面から扱う作品に取り組むようになる。まったく異質な世界に、と思われがちだが、中学時代に軍事教練で飛鳥の古墳の上を駆け回った氏からいえば、同じく「生まれ育った地」を舞台にした人間ドラマなのだ。

 昭和五十五年に「天の川の太陽」で吉川英治文学賞。古代史文学の功績で、平成三年(一九九一年)に紫綬褒章、平成四年に菊池寛賞を受ける。

 写真は平成十三年、仁徳天皇陵(大山古墳)のそばを散策したときのもの。古墳もドヤ街も、ともに「故郷・大阪」の風景の一部なのだ。

 平成十五年、七十九歳で没する。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004