インタビュー・対談

文春文庫40周年記念特別コラム
奥田英朗 自意識を飼い慣らす

『ショージ君の青春記』 (東海林さだお 著)

文春文庫40周年記念特別コラム<br />奥田英朗 自意識を飼い慣らす

 人間誰しも、自分の恥を晒したくはない。恥について語るときには、都合良く味付けをして、かっこよくまとめたい。それが人情というものです。

 私が本書を読んだのは、社会人になったばかりのころでした。青春期特有のかっこ悪さを、ここまで衒(てら)いなく書けるものかと驚いたのを、よく覚えています。

 作中に大学受験の願書を出しにいく場面があります。漫画家志望のショージ君は、文学部の美術史科を受けるつもりで願書の受付窓口に並んでいた。ところが隣りの窓口が露文科で、女のコとつき合うとき、美術史より露文のほうがモテるのではなかろうかと迷いだし、「逆上して」露文科を受験してしまう。人生の重大事をそんな理由で決めてしまうことの、馬鹿馬鹿しさと面白さ。

 その後、私も作家になりましたが、この本から受けた影響のせいか、深刻なことほどユーモラスに書く、というのが信条になっています。思うに東海林さんは、どこかの時点で自意識を飼い慣らせるようになり、この文体をものしたのではないでしょうか。誰にでも書けるようで、誰にも書けない達意の文章。私だけでなく、東海林さんから影響を受けた書き手は、大勢いるはずです。(談)

ショージ君の青春記
東海林さだお・著

定価:438円+税 発売日:1980年08月09日

詳しい内容はこちら