2009.11.20 書評

司馬史観、日露戦争について
理解を深めるための貴重な一冊

文: 東谷 暁 (ジャーナリスト)

『文藝春秋にみる「坂の上の雲」とその時代』 (文藝春秋 編)

  NHKが司馬遼太郎の『坂の上の雲』をテレビドラマ化したというので、この作品に対する関心が高まっているのは当然だろう。しかし、司馬作品がテーマとした日露戦争そのものが、日本人にとって、いま振り返ってみるべき巨大な転換期であることも間違いない。本書は、『文藝春秋臨時増刊』(昭和四十七年十一月号)を中心に、『文藝春秋』に掲載された日露戦争関係の論文を集めているが、さらに戦前刊行されていた『話』からも、日露戦争関連の実に貴重で興味深い記事を収録している。

 もちろん、司馬遼太郎の「日露戦争の世界史的意義」、児島襄(のぼる)の「大山巌と東郷平八郎」、池田清と江藤淳の対談「海軍の明治」などは必読といえるが、司馬ファンにとっても、日露戦争に関心を持つ読者にとっても見逃せないのが、実際に日露戦争に従軍した人たちによる手記や座談会だろう。

 私が、まず読んだのは、旅順攻撃に加わった橋爪米太郎の「白襷(しろだすき)決死隊に参加して」だった。周知のように、白襷決死隊は激闘の末、千人のうち生還したものはわずか四十九名に過ぎなかった。

〈「乃木希典謹んで諸君にお願いする……」
 と悲痛な声で言われて、又一渡り皆の顔を見渡された。三千の目は何(いず)れも将軍の温顔に注がれている。名状し難い感動に満ちた眼ざしで……。
 と、次の瞬間顫(ふる)える声が我々の耳を打った。
「総員必ず死んでくれッ」
 将軍は言われたのだ〉

 橋爪は戦闘中、敵が投げ返してきた爆弾をさらに投げ返した刹那、機関銃で前膊(ぜんはく)を貫通される。それでも痛みをこらえて前進しようとしたとき、地雷が爆発して戦友たちがばらばらになって空高く蹴上げられた。この手記には、こうした酸鼻をきわめる戦闘の様子が克明に描かれている。

 田村友三郎の「二〇三高地攻撃一番乗り」も、日露の壮絶な陣取り合戦の様子を伝えている。

  〈われ等が丁度山頂に達した頃、わが二十八珊(サンチ)榴弾砲は旅順の港内に蟄居していた敵艦に射撃を向けた。わが巨弾は一敵艦に命中し、忽(たちま)ち大火災を起し、真黒な煙を上げていたのを見下ろした時は、誠に目前にある敵を忘れて、自然と皇国の万歳を叫び、もう死んでも恨みはないという気持ちになった。

 ややあって敵は奪取された陣地を再び取り返そうと、猛烈に爆弾を投げ逆襲してきた。

 わが部下は再び土工器具を棄て憤然と鹵獲(ろかく)弾薬や、石塊を無茶苦茶に投げつけ、これを撃退した。こんなことを繰返して居る間に夕闇も追々迫まって来て歩兵の数も次第に増加したので、確実に此の旅順の天目山といわれる二〇三高地を占領し得たのである〉

文藝春秋にみる「坂の上の雲」とその時代
文藝春秋・編

定価:1700円(税込) 発売日:2009年11月21日

詳しい内容はこちら