レビュー

山選びの目安は、ひたすら花・花・花/花への愛おしさに溢れる、不朽の名エッセイ

『花の百名山 〈新装版〉』(田中澄江 著)

文: 平尾 隆弘 (神戸市外国語大学客員教授)
『花の百名山 〈新装版〉』(田中澄江 著)

 田中澄江さんは「野の花、山の花」というエッセイでこう書いている。

《私の思い出の中にいちばん鮮明に浮かび上がってくるのは、人間や事件よりも花なのである。それも野や山に咲いている自然の花たちである。/決して栽培種の花たちではない。だれの世話にもならず踏まれても抜かれても、新しく芽を出し、種子が飛んで別の土地から、親と同じ形やいろどりに咲く野生の花たち。/その面影が、あの山、この岡、その野のほとりの、あちらこちらに、生き生きと香り豊かに、またいろあざやかに咲き続けている。》(『旅は道連れ』所収)

 好きで好きで、花への愛おしさに溢れる一文。『花の百名山』は、まさにこの思いが結晶した一冊である。

 一九六七年、還暦を翌年に控えた著者は日経新聞「あすへの話題」欄に「友を求む」と書いた。山が大好き。でも気力体力、山での安全、家庭の事情等々を考えると、頻繁にひとりで出かけるわけにはいかない。ついては五十歳以上の女性が集まって、一緒に山に登りませんかという呼びかけだった。結果、百余名が参加。初登山にちなんで「高水会」と名付けられたこの会は、二〇〇〇年、著者逝去の直前まで続いた。

 本書での「山の仲間」は、この高水会のメンバーである。おばさん集団に同行する少数の常連男性として、山岳写真家・三木慶介氏がいた。三木氏の回想によれば、山選びの目安は、ひたすら花・花・花。行先の相談をすると、必ず「三木さん、○○の花が○○山で咲いてるわよ」「○○の花の季節ね、○○山はどうかしら」と言われたそうだ。「現地での澄江さん」は、最初真ん中あたりを歩いている。そのうち疲れてきて最後尾に。おまけに花があれば立ち止まって観察しスケッチするので余計に遅れる。しかし途中で引き返すことはなく、どうしても山頂まで行きたいと言い張った。ヘビとクマと雷が大嫌いで、「先生、クマが出ますよ」「雷が来そうですよ」と言うと、普段の三倍くらいのスピードが出る。「急に元気になっちゃうから、本当はさっさと歩けるのかもしれないね」とは三木氏の弁である。

 

 百名山と聞けば、誰しも二冊の本を思い浮かべるだろう。深田久弥の名著『日本百名山』と本書である。だが、「深田さんと私(田中澄江)には共通点がある。肥満型のからだと酒好きである」(『沈黙の山』)とはいえ、共通点はそれくらいで二冊の本は好対照をなしている。

 深田久弥は百名山の選定に三つの基準を設けていた。(1)山の品格。(2)山の歴史。(3)山の個性。附加的条件として(4)一五〇〇メートルを超える山の高さである。実際、『日本百名山』の平均標高は二二七五メートル。一〇〇〇メートル以下の山は筑波山と開聞岳のふたつだけだ。『花の百名山』平均標高は一七〇〇メートル弱だから、六〇〇メートル近く差がある。海抜一〇〇メートルに満たない豊橋・葦毛湿原をはじめ、一〇〇〇メートルに届かぬ山は二十山を数える。要するに高さにはこだわらないのである。

 それは客観と主観の違いだと言える。深田久弥は自分の好みを極力排し、大方の登山家が納得する百名山を選ぼうとした。『日本百名山』の「後記」には「よく私は人から、
どの山が一番好きかと訊かれる。私の答はいつもきまっている。一番最近に行ってきた山である」と記している。皇室ではないがフェアネスがモットーなのだ。読者もまた厳正中立を求めている。深田が百名山に故郷石川県の荒島岳を選んだとき、「贔屓(ヒイキ)」ではないかと異論が出たほどであった。

花の百名山田中澄江

定価:本体840円+税発売日:2017年06月08日