特集

参加21校の代表生徒たちの声(2)

第4回 高校生直木賞全国大会

参加21校の代表生徒たちの声(2)

直近一年間の直木賞候補から「今年の一作」を選ぶ試みである高校生直木賞。5月7日に開催された第4回の本選考会では、21校の代表者が全国から集って議論が行われ、須賀しのぶさんの『また、桜の国で』が選ばれました。同世代の友と小説について語り合うことを経験した21人の生徒たちの感想文を3回にわけて掲載します。

 

第一回 | 第二回 | 第三回

【第二回】

成城高等学校 石井拓樹「選ぶことから『本』を考える」

筑波大附属駒場高等学校 鈴木健一郎「理解し合うことはできなくても」

豊島岡女子学園高等学校 岸さとみ「読書の奥深さ」

市川高等学校 稲葉あすか「極度の緊張と楽しさと」

茨城県立並木中等教育学校 会田侃煕「出会い」

向上高等学校 藤井夏海「語って繋がって広がって」

湘南白百合学園高等学校 小川玲未「本を選ぶ意義」


 

成城高等学校 石井拓樹「選ぶことから『本』を考える」

 私は今回、第四回高校生直木賞全国大会に参加して本当に良かったと思った。

 なぜなら、わたしが一心に求めていた、「本」についての話し合いをできたからだ。私がここでいう「本」とは、もちろん候補作品についてもそうだが、それ以上に本の本質についてだ。本質というと堅苦しいが、つまりは本自体の存在に焦点を置くことだ。

 確かに、読書会やビブリオバトルなども本について考え、話す機会であろうと思う人がいるかもしれない。しかし、私としてはこれらの企画にも増して「本」の本質に迫ることができるのが選考会の良さだと感じる。読書会では、読み合ってきた本について話し合う。 ビブリオバトルでは、各々が持ち寄った本の良さを語る。そういった企画の原点にあり、いくつかの候補作品ごとの見解という形で意見を共有しつつも、個人的な見方でもっと情熱的に作品の良さを見い出し、周囲にも発信していくことができる、それこそが選考会だと私は熱く思ってしまう。

 そして、「本」の本質を見つめる上で大事なのが、本を選ぶことだと私は思う。選ぶという仕組みが、候補作品ごとの評価や優劣だけでなく、最終的に内容とそこにあるメッセージ性などを越えて、「本」とは、といった非常に難しく深いテーマを議論させてくれるのだと私は考えた。

 これからも、私ももっと本に触れたい。

 

筑波大附属駒場高等学校 鈴木健一郎「理解し合うことはできなくても」

「話せば分かる」という言葉がある。嘘だ。僕らは自分以外の誰にもなれない。人と人は分かり合えない。ましてたった三時間半の議論で理解し合うことなど無理だ。

 今回の高校生直木賞で一つ印象深い出来事をあげるとするならば、僕は第一次選考のことを思い出す。僕の学校が選んだ作品は一つも本選に残らなかった。僕らはなぜ、同じ本を読んでいるのに違う本を選ぶのだろう。

 僕らは一人一人が違う人間で、だからこそ、言葉を使うということは難しい。自分の中に確かにあったはずの気持ちが言葉にできない。議論をしても上手く言えないもどかしさがつきまとう。誤解なく伝えることも、相手の思いを理解することもできない。結局のところ僕はただ「この本が好きだ」としか言えない。

 それでも楽しかったのだ。支離滅裂なまま、夢中になって喋っていた。理解し合うことができなくても、理解しようと手を伸ばし合うことはできる。分かり合えないことは決して絶望ではない。同じ結論にたどり着かずとも、熱意や願いは共有できる。お互いの真剣さを信じて裏切らないことはできる。そう思わずにはいられなかった。

 一つだけ、僕らが自分以外の誰かになれる場所があるとしたら、それは物語の中だ。同じ本を読んだ人とは、一度そうやって同じ世界を生きていた仲間なのだ。だから初めて会った気がしなかったのだ。もちろんそんな風に考えるのはロマンチックが過ぎるかもしれないけれど。

 

豊島岡女子学園高等学校 岸さとみ「読書の奥深さ」

 直木賞候補作がすべて読めるから! という軽い理由で参加を決めた高校生直木賞。しかし、いざ参加してみると、新たな発見の連続でした。

 とにかく同じ本を読んでも人によって感想が全く違う。校内選考の段階でも異なる意見は出ましたが、本選になると意見の違いがより顕著で、こんな解釈もあるのか! と驚くばかりでした。

 自分が思っていたことを誰かが的確に言葉にしてくれたときにはそうそうそう! と心の中で頷きまくり、思いもよらない意見が飛び出した時にはガツンと殴られたような気持ちになり、本選は感情の動きが忙しい一日でしたが、本当に刺激的で充実した時間でした。

 また、読書の楽しみ方にも変化があったような気がします。参加者の皆さんの鋭い考察を聞き、自分は今まで本を読んでも、面白い、面白くない、または好き、嫌いといった基準でしか捉えていなかったのだと痛感しました。具体的にどこが面白いのか、何が好きなのか。つまらないと思った部分でもそれはなぜなのか。そういった部分を考えてみるのも読書の楽しみだということを学びました。

 素敵な12冊の本と、読書好きな同世代に出会えて、高校生直木賞に参加してよかったなと心から思っています。一冊の本なのに読み方、受け取り方は無数にあって、それを共有しあうことでまた新たな発見が生まれる。本、そして読書の奥深さを改めて実感した高校生直木賞でした。

 

市川高等学校 稲葉あすか「極度の緊張と楽しさと」

 私が所属している文芸部に、1枚のプリントが届いた。

「高校生直木賞への参加案内」と書かれた司書の先生からの手紙だ。なんとなく気になった私は概要を聞きに行き、そして驚いた。

「高校生が直木賞候補作を読み、もう一度自分たちで直木賞を決める」

 その話を聞いて、なんと面白そうな企画だろうか、と思った。期待を募らせながら、高校生直木賞に向けて(最終候補作)6作のハードカバーを読破していった。

 遂に本番当日。私はひどく驚き、また大きな不安を覚えることとなった。

 まず、会場の雰囲気が想像を遥かに超えていた。静かに、そして真剣な目をして着席している他校の生徒。机で囲われた先に座られている、風格のある司会進行役の方。そして何より大勢のギャラリーの皆さん。こんなこと言えればいいな、あんなこと話せればいいな、なんてお気楽に考えていたことなど一瞬で消え去る程に圧倒された。極度の緊張に追い込まれたまま、話し合いはスタートした。

 色々な驚きと緊張の中やっと雰囲気に慣れてきたのは、須賀しのぶさんの「また、桜の国で」と恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」との一騎打ちのあたりだ。各高校の様々な視点から繰り広げられる圧巻の討論に、やっとまともに参加できるようになった。そこからは本当に楽しかった。たくさんの意見の中で自分の意見を戦わせる経験はあまりなかったため、とても有意義な時間となった。

 来年も開催されるならば、準備をきちんとして臨んでみたいと強く感じた。

 

茨城県立並木中等教育学校 会田侃煕「出会い」

「なるほど。そうかそうか」

 これが、私が高校生直木賞で抱いた感想だった。

 本、もとい活字は昔から好きで読まずにはいられない質だったので、今回の活動は私にとっていいことずくめであった。

 普段、本の感想を共有など絶対にしない。面倒だし解釈が自分と同じであった人にほとんどあったことがない。別に違っても構わないが、どうしても一旦食い違いだすと次へは進まない。今回のように学校も異なる同年代の人たちと同じ本について語り合うというのは、普段実現しそうでし得ない貴重な経験であった。本を介して、おそらく交わることがないであろう人たちがお互いをずっと昔から知っているかのように討論する。このことがとても不思議に思えた。着眼点,弁論ともに奥が深く、自分一人では、導かれない方向へと誘われた。予め用意し磨き上げたような物言い、豊富な語彙と表現力を駆使する様に、ただただ圧倒され感心してしまった。

 そういう意味では自分は的外れなことばかりいって周りをかき回したのではないか。あまりに称賛の言葉が並ぶと「果たしてそうだろうか」などと天邪鬼なことを言いたくなる。その結果、一人だけ真っ向から違うことも言った。周りの反応は、共感や感心よりも呆れの方が近かったと思う。そのせいで最後の投票の時に自分の選んだ候補作を推薦するのが自分だけという失態を起こした。にもかかわらず活動終了後、浮いてたであろう私に対し労いの言葉をかけたり、興味を持って声をかけてくれたりと、皆、他者の意見も尊重してくれていたのがとても素晴らしかった。

 このような経験にめぐり合わせてくれた運命に感謝をしなくてはいけない。そして、改めてこの活動を提供してくださった皆様に感謝を捧げたい。

 

向上高等学校 藤井夏海「語って繋がって広がって」

 今年も高校生直木賞の全国大会がやってきた。本を愛する者たちが、様々な角度から本を吟味する滅多にない機会である。私は今年もその誇り高いメンバーの一人として参加させて頂くことになった。また新たな発見ができるイベントに身を投じることができたことは、大変嬉しい限りであった。

 ふと思い立って、昨年の自分の感想を見返す。そこには「偏見」を捨てろとのメッセージ。自分はこれを打破できていたかな。私は選考会当時に心を寄せる。

 緊迫した会場に入り「あぁこの感じだ」と一年越しに思い出す。内心不安であったが、会場に集まった精鋭は皆フレンドリーで、あっという間に笑いも起こる場になっていった。この場にいた皆、本で繋がっているという糸を見た瞬間だった。

 皆の発言はどれも興味を引くもので、聴きながら共感したり、はたまた思いが揺らいだりと楽しい時間を過ごさせてもらった。こうして本への思いを共有することは素晴らしいことだと再確認が出来た。

 熱い議論の末、結果は戦時の友情を巧みに描いた『また、桜の国で』に。『蜜蜂と遠雷』とかなりの接戦だったのを今でも鮮明に思い出せる。当時皆が言っていたように、私もこの二作のどちらに入れるか大変迷った。この状況は選考会だからこそ作れたもので、本を隅から隅まで見つめる機会ともなった。

 選考会は、自分にはない見方を教えてくれた価値のある時間だ。貴重な体験の場に参加させていただいたことに心からお礼を申し上げたい。

 

湘南白百合学園高等学校 小川玲未「本を選ぶ意義」

 高校生直木賞の醍醐味はなんといっても、多種多様な考えを持った同年代の人と、特定の作品について語り合うことができることであろう。本の感想はけっして一方通行でなく、他の高校生が受け止めて投げ返してくれる。一方で、鏡のように自分の言葉を映してくれることもある。その中で現れる“価値観の違い”が面白いと感じた。

 私は、「自分が純粋に人に薦めたい」という基準で本を選んでいった。つまり、自分が心の底から推薦したい本を探していった。メッセージ性はなくなっていい。また、高校生に読んでもらう作品を選ぶことが目的ではない。あくまで“高校生”が一冊を選び決定した本が賞に選ばれる、と考えた。

 直木賞候補作はさすがにどの本も面白く、一つの本を選ぶのはとても大変な作業だった。相対的ではなく絶対的な見方で本を比べて、作品を選ばなければならない。さらに、自分が推した本があったとしても、周りが同意見とは限らない。自分の意見を伝えるためには、別の本と比べて話さなければならないのが心苦しかった。

 しかし、意見をぶつけ合うことで新たな本の魅力に気づいたり、批評を得ることができた。様々な視点があることを肌で感じることができたのだ。

 高校生になってから本を読む機会が減ってしまったが、今回この大会に参加したことによって良い作品を深く読み込むことができた。このような素晴らしい機会を与えてくださった全ての方に感謝を伝えたい。

 


第一回 | 第二回 | 第三回