ニュース

半沢直樹×花咲舞 2冊買って得する読者プレゼント

池井戸潤さんの大人気小説、半沢直樹シリーズ『銀翼のイカロス』(文春文庫)と、花咲舞シリーズの『花咲舞が黙ってない』(中公文庫)の同時刊行を記念して、豪華プレゼント企画を実施します!

人気の2作を読み比べて楽しんで、さらに素敵な賞品を手に入れよう! 一度負けてもまだ終わらない、Wチャンス賞もご用意しました。

応募要項

応募方法 『銀翼のイカロス』(文春文庫)、『花咲舞が黙ってない』(中公文庫)のオビについている「半沢直樹× 花咲舞プロジェクト」応募券それぞれ1 枚ずつ(計2枚)をハガキに貼り、ご希望の賞品、お名前、郵便番号、ご住所、電話番号、年齢、性別をお書き添えの上、お送りください。プレゼントの送付先は国内に限らせていただきます。
応募先 〒100-8152
東京都千代田区大手町1-7-1
読売新聞ビル19階
「半沢直樹×花咲舞プロジェクト」事務局宛
締切 2017年11月30日(当日消印有効)
備考 当選者の発表は、プレゼントの発送をもってかえさせていただきます。

 賞品

A賞 がんばる自分を褒めてあげたい! 高級肉(仙台牛ローストビーフ) 5名

「町の肉屋」の二代目として、小学校3年で鶏ささみの筋引きを、高校卒業時には豚肉の骨抜きをマスターした加瀬敏克さんが現店主の「肉のあさひ」。牛肉小売業の老舗で修業し、家業を継いで十数年。仙台黒毛和牛のプロフェッショナルとして腕を磨く日々です。今回は届いたらすぐに食べられるローストビーフを、ブロックの状態でお届けします。店主曰く「ご自宅でもすっと切れるよう、いいところを選りすぐってご用意します!」。お楽しみに!

B賞 デキる大人は筆記具に気を遣う! 特製万年筆セット(万年筆、オーダーインク3色) 5名

「カキモリ」は、広瀬琢磨さんが2010年にオープンした文具店。併設の「inkstand」では14種のベースカラーを調合してオリジナルのインクをつくることができます。当企画では、カキモリオリジナル万年筆1本に、この企画のために調合した万年筆用カラーインク「ハンザワ」「ハナサキ」「イケイド」3種をセットにしてのお届け。お手持ちの万年筆にもお使いいただけますよ。

C賞 デキる大人は小物にも気を抜かない! 特製名刺入れ(本革製) 10名

デザイン事務所勤務ののちイタリアで修業した村上雄一郎さんが、帰国後、2001年に立ち上げた革製品ブランド「m+(エムピウ)」。職人による丁寧な仕上げとその機能性、男女問わず使えるデザインはまさに一生もの! ほとんどの製品に、天然素材を最大限に活かしたタンニンなめし革を使用しており、同じ製品でも使い込んでいくうちにそれぞれ違った表情を見せてくれます。モノと人が「ともに育つ」過程を、じっくりゆっくりお楽しみください。
※色は選択いただけません。

D賞 ビジネスパーソンもゲーマーも! 特製充電バッテリー(cheero Power Plus 3 mini 6700mAh モバイルバッテリー) 20名

小型、軽量にして十分な容量のモバイルバッテリー。スーツのポケットにも入るサイズで、使いやすさは折り紙付き。内蔵電池はパナソニック製(国産)です。
※色は選択いただけません。

Wチャンス賞 ロゴ入りボールペン (A~D賞にご応募いただいた方の中から) 300名

 


 

作品の紹介

銀翼のイカロス』(池井戸潤/文春文庫)
倒産寸前の航空会社の再生を担当する半沢。だが政府機関が莫大な負債の棒引きを要求してきた! 史上最大の危機が半沢を襲う最新作。

特設サイト
http://books.bunshun.jp/sp/hanzawa

 

花咲舞が黙ってない』(池井戸潤/中公文庫)
メガバンク誕生前夜。生き残りを賭けた熾烈な合併交渉が進む中、自行の存続を揺るがしかねない大スキャンダルを知ってしまった花咲舞は――

特設サイト
http://www.chuko.co.jp/special/hanasaki

銀翼のイカロス池井戸 潤

定価:本体760円+税発売日:2017年09月05日