2017.09.20 お知らせ

日本橋BookCon出展のおしらせ

「日本橋BookCon出展のおしらせ」をはてなブックマークに追加

丸善日本橋店にて開催

 このたび、丸善日本橋店で開催される「日本橋BookCon」に出展することになりました。
「日本橋BookCon」とは、著者と読者の交流をテーマに、営業中の丸善日本橋店全フロアを使用して30~40のブースが展開されるイベントです。

翻訳ノンフィクションの強力ラインナップをご紹介(10月18日)

 弊社では、10月18日にブースにて『2050年の技術 英「エコノミスト」誌は予測する』や『隷属なき道』『選択の科学』『世紀の空売り』といった翻訳ノンフィクションの強力ラインナップをご紹介する予定です。

 あわせて、産業のあらゆる側面を変える遺伝子編集技術CRISPR-Cas9(クリスパー・キャス・9)を開発した女性科学者の手記『CRISPR(クリスパー)究極の遺伝子編集技術』を最新刊注目本としてご紹介します。

 また、同日、弊社ノンフィクション編集局の下山進による講演も開催します。

『ビジネスパーソンのための三歩先をゆく本の選び方』

日時 2017年10月18日(水) 18:00~(開場 17:45~)
会場 丸善日本橋店3階ギャラリー
〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目3-10(地図
定員 50名(先着)※当日現地にて先着順。席が埋まり次第受付終了

登壇者プロフィール

下山 進(しもやま・すすむ)

文藝春秋の凄腕ノンフィクション編集者。1986年早稲田大学政治経済学部卒、同年(株)文藝春秋入社。92年~93年コロンビア大学ジャーナリズムスクール留学。『選択の科学』『137億年の物語』『2050年の世界』『2050年の技術』等々、文藝春秋で海外の窓口となって優れた翻訳書を次々に日本に紹介している。一方で、『北朝鮮に消えた友と私の物語』(萩原遼・著)、『カウントダウン・メルトダウン』(船橋洋一・著)『捏造の科学者』(須田桃子・著)等、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞する作品も数多くてがけている。

「文芸版元」の強みを活かしたビジネス書の数々をご案内(10月19日)

2日目の19日は、「文藝春秋のビジネス書」をテーマに、『新世代CEOの本棚』や『AI経営で会社は甦る』などを手がけた、弊社ビジネス編集者が「文芸版元」の強みを活かしたビジネス書の数々をご案内します。ぜひお立ち寄りください。