ニュース

「別冊文藝春秋」最新号(2017年9月号)、好評発売中です!

「別冊文藝春秋」最新号(2017年9月号)、好評発売中です!
今号から、葉真中顕さんの新連載「セルロイド」がスタート。アニメ業界の光と影に、ミステリー界の気鋭が迫る新境地です。中島京子さん、青山文平さん、島本理生さん、千早茜さん、知念実希人さん、武田花さん……恋愛小説、時代小説からミステリー、漫画、フォト&エッセイまで、幅広い連載も充実! その他にも『ボクたちはみんな大人になれなかった』が大人気の燃え殻さんへのインタビューなど、旬のエンタメ満載でお届けします。

今号の内容紹介

 葉真中顕さんの新連載「セルロイド」。アニメ監督・伊藤七瀬の一切の妥協を許さない創作姿勢が波瀾を呼びます。アニメ業界の光と影に迫る渾身の長編です!

 中島京子さんの「夢見る帝国図書館」。世界一の図書館を目指して作られた帝国図書館だったけれども、予算不足のため実際に出来上がった建物は……

 青山文平さん渾身の新連載「跳ぶ男」第2回! 嗣子としての立場、さらには唯一の友も失った剛がたったひとり河原で能の稽古に打ち込んでいると……

 千早茜さんの「神様の暇つぶし」。全さんの言葉に、初体験未遂の苦い記憶が甦る。

 島本理生さんの「ファーストラヴ」。物語はいよいよ佳境へ。裁判の直前で殺意を否定した殺人犯の真意とは?

 中路啓太さんの「ゴー・ホーム・クイックリー」。終戦直後、日本国憲法誕生に奔走した男たちの物語。GHQに“監禁”され、徹夜の末に憲法草案は完成するが……

 矢月秀作さんの新連載「刑事学校 博戯の代償」。刑事研修所の教官・畑中が研修生たちと挑んだ殺人事件に使用されたのは、なんと中国製のライフルだった!

 三崎亜記さんの「30センチの冒険」。砂漠に置き去りにされた旅の一行、ここから逃げ出すためにはアレを使うしかない。

 知念実希人さんのサスペンスミステリー「レフトハンド・ブラザーフッド」。殺人犯の汚名をはらしたい岳士はサファイヤの売人と接触。ようやく事件のカラクリが……!

 畑野智美さんの「神さまを待っている」。社会とのつながりを失った少女たち、誰が彼女たちを守るのか――。

 深緑野分さんが映画製作の現場を描く「スタッフロール」。ロンドンのCGスタジオで働くヴィヴに巡ってきた好機。鬼才ポサダ監督が求める“モンスター”を何としても実現させたい……! 

別冊文藝春秋 電子版15号文藝春秋・編

発売日:2017年08月18日