レビュー

SF、本格ミステリ、歴史時代小説──著者の持ち味が一冊で楽しめる

『蒲生邸事件』上・下(宮部みゆき 著)

文: 末國 善己 (文芸評論家)
『蒲生邸事件』上(宮部みゆき 著)
『蒲生邸事件』下(宮部みゆき 著)

 二〇一七年は、宮部みゆきのデビュー三〇周年の節目の年にあたる。

 著者は、一九八六年、現代ミステリの短編「祝・殺人」が第二五回オール讀物推理小説新人賞、時代小説の短編「騒ぐ刀」が第一一回歴史文学賞、現代ミステリの短編「デッド・ドロップ」が第四七回小説現代新人賞の候補作になり、翌一九八七年、「我らが隣人の犯罪」で第二六回オール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。同年に「かまいたち」で第一二回歴史文学賞佳作入選もしている。初の単行本は一九八九年刊行の現代ミステリ『パーフェクト・ブルー』で、同年には第二回日本推理サスペンス大賞を受賞した『魔術はささやく』も上梓されている。なお「祝・殺人」は『我らが隣人の犯罪』に、〈霊験お初〉シリーズの一作目となる「騒ぐ刀」は『かまいたち』に収録されており、候補作も高いレベルだったことが見て取れる。

 短期間に立て続けに新人賞の候補作となり、候補作・受賞作を含む短編をまとめた『我らが隣人の犯罪』が単行本化される前に、『パーフェクト・ブルー』を出した著者は、“どれがデビュー作か分らない”といわれるほど、作家として華々しいスタートを切った。そこからミステリ、時代小説、SF、ホラー、ファンタジーなど多彩なジャンルで活躍する人気作家になったことは、改めて説明するまでもあるまい。

 第一八回日本SF大賞を受賞した本書『蒲生邸事件』は、時間旅行をする超能力を持つ男に、昭和一一年に連れて来られた浪人生が、二・二六事件の渦中に起きた不可解な事件に巻き込まれるSF時代ミステリである。本書は、タイム・トラベルや超能力者の苦悩をテーマにしたSFとしても、瀟洒な洋館で発生した不可能犯罪を、時間旅行をする超能力者がいることを前提にして合理的に解明する本格ミステリとしても、天皇親政による国家改造を唱える皇道派の陸軍青年将校が決起し、要人を襲撃し帝都の中枢を占拠した二・二六事件前後の昭和史とそこで生きた人々の息吹を伝える歴史時代小説としても卓越しており、著者の持ち味が一冊で楽しめるのである。

蒲生邸事件 上宮部みゆき

定価:本体680円+税発売日:2017年11月09日

蒲生邸事件 下宮部みゆき

定価:本体760円+税発売日:2017年11月09日