このイベントは終了しました

菊池寛が昭和10年に創設した芥川賞、直木賞は、今回で150回を迎えました。
第1回受賞の石川達三さん、川口松太郎さんを始め、井上靖さん、松本清張さん、石原慎太郎さん、大江健三郎さん、村上龍さん……。最近も、綿矢りささん、金原ひとみさん、東野圭吾さん、池井戸潤さん、桜木紫乃さんなどなど、両賞は常に大きな話題を生んできました。 150回を記念して、受賞作家・選考委員の方々、読者の皆さんとともに、盛大なイベントを開催します。トークショーあり、ビブリオバトルあり、また150回をかざった作家たちの写真、選考会・パーティの映像、受賞作の原稿などなど、小説の楽しさ、作家の方々の魅力を直に感じられる、楽しく刺戟に満ちた催しになります。新直木賞受賞者も来場予定です。
ふるってご参加ください。

開催期間 《展示》 2月26日(水)~3月2日(日)
《トークイベント》 3月1日(土)、3月2日(日)内容とタイムスケジュールはこちら
会場 丸の内・丸ビル1階「マルキューブ」 (地図はこちら)
参加方法 第150回記念「芥川賞&直木賞フェスティバル」展示およびトーク各イベントの会場「マルキューブ」はオープンスペースですので、ご自由にご覧いただけます。お気軽にお立ち寄りください。
トークイベントステージ前面の椅子席ご希望受付は2月16日に締め切りましたが、お立ち見は可能です。(なお、椅子席につきましては、抽選の結果ご当選された方に既にお知らせのメールを送信いたしました。)
お問い合わせ E-Mail an150@bunshun.co.jp(第150回記念「芥川賞&直木賞フェスティバル」事務局)
主催/協賛/協力 主催 株式会社文藝春秋
協賛 公益財団法人日本文学振興会 
協力 日本近代文学館 三菱地所(株) 凸版印刷

展示

2月26日(水)
 ~3月2日(日)
芥川賞&直木賞全受賞者、選考委員のポートレイト展示
選考会、授賞式のビデオ映像
大型ポスター「作家の素顔」展
話題受賞作原稿の精密レプリカ
※観覧時間 9:00〜21:00

トークイベント

3月1日(土)
11:00~12:00 綿矢りさ×道尾秀介 「小説家は幸福な職業か?」
13:00~14:00 桜木紫乃×島田雅彦 「小説の中の男と女」
15:00~16:00 宮部みゆき×桜庭一樹×北村 薫 「ビブリオバトル 直木賞受賞作、私のこの“一冊”」
17:00~18:00 川上弘美×北方謙三 「作家として書き続けること」
3月2日(日)
11:00~12:00 辻村深月×円城 塔 「小説で“事件”を描くとは」
13:00~14:00 桐野夏生×川上未映子 「現代という時代に小説を書くこと」
15:00~16:00 角田光代×奥泉 光×鵜飼哲夫 「芥川賞、この選評が面白い」   
17:00~18:00 林真理子×浅田次郎 「小説講座・人物造型の舞台裏」

東京国際文芸フェスティバル2014

2月28日(金)~3月9日(日) 都内各所にて開催。 世界各国から集まった本の作り手たちと読み手が、国境や役割を超えて語り合う一大 イベント。東京の街が、本と文学一色に染まります。
東京国際文芸フェスティバル公式サイト:http://tokyolitfest.com/