『八咫烏シリーズ』

阿部智里

新世代和風ファンタジー

八咫烏シリーズ
 

待望の文庫化!

『空棺の烏』書影
  • 定価 : 本体700円+税
  • 判型 : 文庫判
購入する 作品一覧へ
画:苗村さとみ
期間限定PDFダウンロード 八咫烏シリーズ外伝「しのぶひと」
 
八咫烏シリーズについて

日本神話にも登場する三本足の伝説の烏、八咫烏(やたがらす)を知っていますか?
「八咫烏シリーズ」は、人間の姿に変身することが出来る彼らの一族が、異世界・山内(やまうち)を縦横無尽に飛びまわる、和風ファンタジー。2012年に史上最年少20歳で松本清張賞を受賞してデビューした阿部智里が毎年一冊刊行、2017年『弥栄の烏』で第一部が完結します。平安王朝風のみやびな風俗と、日嗣の皇子・若宮と側仕えの少年・雪哉を中心とした魅力的なキャラクターたち、周到に仕掛けられた謎と、日本神話に通じる壮大な世界観をお楽しみ下さい。
※シリーズ外伝「ふゆきにおもう」「しのぶひと」の2篇が月刊誌「オール讀物」にて発表されています。

画・苗村さとみ

Twitter

作品一覧へ